「携帯違約金1000円」は誰トクなのか?やっぱり機種変更は秋まで「待ち」なのか考える。

au docomo softbank スマホ

「携帯違約金1000円」は誰トクなのか?やっぱり機種変更は秋まで「待ち」なのか考える。

更新日:

6月18日の総務省有識者会議で決定した「携帯解約違約金1000円」と「端末値引き2万円」。秋に向けていよいよ「4割高い」大手携帯各社の料金プランに対する法案の骨子が固まりました。そこで今後の携帯料金がどうなるのか、その時までにどうすべきなのかを考えます。

 

違約金1000円が決定?

ども、とんじるです。ぶっひん。

2019年秋の電気通信事業法改正に向けて、総務省は「モバイル市場の競争促進に向けた制度整備(案)」を公表しました。

その内容は主に下記の4つ。

  • 「2年縛り」の途中解約違約金を9500円から1000円に
  • 縛りのあるプランとないプランの価格差を月額170円に
  • 通信契約を条件としない端末値引き額の上限を2万円に
  • 長期利用者に対する割引は料金の1ヶ月分以内に

この方向で総務省は電気通信事業法改正案として提案し、問題なしと判断されれば今年の秋にも法案成立、施行となる見込みです。

違約金が現状の9500円から1000円になり、縛りありのプランとなしのプランの差額も、現状月額1500円程度に設定されているものが170円になります。

そして、すでに「通信契約を条件とする端末値引き」は禁止される方向ですが、さらに通信契約を条件と「しない」端末値引きに関しても、2万円という上限額が設定されました。

とんじる
これって、誰トクなんすかね?

 

総務省プランの問題点

今回のこの総務省のプラン、非常に問題点が多いと思っています。

おねえさん
でも秋以降、違約金1000円で乗り換えられるんでしょ?
ああ、やっぱそう思うよね
とんじる

 

今のプランは変わらない

まず勘違いしがちなのが、秋以降、この法案が成立・施行されても、すぐさま今の契約の違約金が1000円になるわけではないのです。

今の2年縛りの契約が満了した際、その契約更新後のプランが施行後のプランになるので、いまの契約は満了まで違約金9500円のままです。

おねえさん
えー?そうなの?

 

端末代は高くなる?

通信費が下がった代償として端末料金の割引はかなり厳しく制限されます。

さっきも言いましたが、すでに「通信契約を条件とする端末値引き」は禁止される方向ですが、さらに通信契約を条件と「しない」端末値引きに関しても、2万円という上限額が設定されました。

これで2年後の査定額にかかわらず半額で端末を引き取る「アップグレードプログラム」「半額サポート」はこれに引っかかるため修正を余儀なくされるでしょう。

ドコモの「お返しプログラム」も当落ボーダーライン上みたいな雰囲気です。

キャリアとしてはメーカーと交渉して「定価」をいじっていく以外に手はなさそう。

今より実質価格が上がるかどうかはキャリアの「値付け」次第。

秋に発表が予想されている次期iPhoneの価格がいくらになるか気になりますね。

とんじる
ハイスペックスマホは買いづらくなりそうですね

 

長期ユーザーは見捨てられた

次に、長期利用者に対する割引も「許容される割引の範囲が1カ月分の料金まで」と大きく制限されています。

わかりやすくいうと「2年契約の後に更新してくれたら1ヶ月分ポイント還元」くらいまでがOKラインということ。

それ以上の割引、たとえば契約年数ごとに安くなる「長期ユーザー割引」のようなものはNGになります。

これは「違約金1000円」同様、いつでも乗り換えられる環境を作りたいという意向の元決められたものなのでしょうが、あまりにも議論が足りていない。

とんじる
当初の目的を忘れてしまってるね

 

2016年(わずか3年前)に施行された「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」には、「ライトユーザや割引等を受けない長期利用者等の多様なニーズに対応した料金プランの導入等により、利用者の料金負担の軽減を図る」と記載されています。

さらに、そもそも分離プランを推進してきたのは、機種変更を行わない長期ユーザーの不利益を減らすためのものだったはずです。

今回の総務省プランは、長期ユーザーを見捨てた愚策と言わざるをえませんね。

おねえさん
なにそれ?意味わかんない

 

これ以上料金プランは安くなるのか?

総務省は今回のプランで、縛りをなくして市場を開放。競争原理でさらなる価格下落を狙っているようですが、はたしてどうでしょうか?

とんじるは「通信費」に関してはこれ以上下げるのは難しいかな?と思っています。

違約金1000円のインパクト

ドコモとauは、先日最新の料金プランを発表したばかり。しかし「違約金1000円」前に発表されていたものですから、料金プランの後ろ側では9500円の違約金を見込んだシミュレーションがなされているはずです。

この秋以降のプランは、キャリアとしては「高くなった乗り換えリスクをどう回避するか」というシミュレーションをしてくるはずですので、現行のプラン並みに維持するのが当面精一杯ではないかと。

「違約金1000円」のインパクトはキャリアにとっては大きいでしょうね。

 

家族割/おうちのネット割の規制

また、家族割やおうちのネット割との絡め技であるとはいえ、現プランはすでに通信費という面ではだいぶ安くなってきています。

ただ前回の記事にも書きましたように、このへんの割引も「過度な囲い込み」に該当するとして規制の対象になりそうです。

大手キャリアが仕掛けた3つの罠?分離プランの裏に隠れた「囲い込み策」とは?
大手キャリアが仕掛けた3つの罠?分離プランの裏に隠れた「囲い込み策」とは?

大手キャリアが総務省の指導に従い導入した分離プラン。家族割や家のネット回線とのセット割を併用することでよりおトク度が増す ...

続きを見る

こういった「絡め技」を除いた形でどこまで下げていくことができるのか?

現行並みに下がれば万々歳ですが、できなかった場合は家族割やネット割含めての価格には及ばない可能性はありますね。

 

格安SIMとの価格バランス

また、これ以上大手キャリアの価格が下がると格安SIMが厳しいと思っています。

「大手キャリアは高いから格安SIM」の論理が若干崩れてきているかな、という印象。

たしかに絶対的な価格差はまだあるんですが、回線品質や店舗数といったインフラ関連の信頼性と込みで比較した場合、以前ほどの差はないのではないでしょうか。

 

それじゃあどうする?

おねえさん
それじゃあ、結局どうすればいいの?
その方の立場とか求めるものによって
変わってきますね
とんじる

家族揃って長期ユーザーの場合

家族揃って長期にわたって同じキャリアを使っている方は、秋以降のプランはメリット薄いと考えています。

家族割やおうちのネット割が適用されているならなおさら。秋以降の新プランではこれらの割引がなくなる可能性は否定できません。

特に「docomo with」をお使いの方は、「お返しプログラム」で端末購入しても割引が継続されますので、今のうちに機種変更しておくことをおススメします。

今まで一度もキャリア変更してこなかったユーザーさん(全ユーザーの半数以上というデータあり)にとっては「違約金1000円」なんて、何の意味もないことだと思うんですけどね。

機種変更はオンラインショップがおススメです。

店舗で機種変更すると頭金を取られる場合も多いのですが、オンラインなら頭金やオプション加入は不要。ドコモなら手数料も無料です。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

 

端末を安く手に入れたい方

端末が安く手に入るのは9月までがリミットと考えていいでしょう。

端末を安く手に入れるなら、他社から乗り換え(MNP)です。

一時は3月まで?と言われていた「MNP一括/キャッシュバック」ですが、いまのところひっそり続いています。

ただキャリアから販売店に規制が入って、安売り情報をTwitterで流せなくなっています。

なので情報がなかなか入手できない。

そんな方のために、このブログではソフトバンクへの乗り換えのおトク情報を毎週更新しています。

6月の情報としては、iPhone 8 64GBやXperia XZ3、Google Pixel 3aあたりが「一括0円」でご案内可能です。

ネット取引なのでご自宅から24時間お申し込みOK。とんじる自身も利用者なので安心しておススメしています。

おとくケータイとスマホ乗り換えのキャンペーン比較!
【9/19更新】おとくケータイとスマホ乗り換えのキャンペーン比較!

【9/19更新】いよいよこの3連休が勝負!「おとくケータイ.net」「スマホ乗り換え.com」の高額キャッシュバックキャ ...

続きを見る

 

端末購入予定もなく、キャリアにもこだわりがない方

端末購入予定がない、キャリアにもこだわりがないというのであれば、秋までは待って、

大手キャリアの新プランとサブブランド(UQ/YM)、格安SIMまで含め検討していきましょう。

端末が高い!ということでしたら中古ショップがおススメ。

未使用新品とかたくさん出ていますので、検討してもいいでしょう。

とんじるおすすめは秋葉原に店舗もあり在庫豊富なイオシスさんです。

中古端末は値段だけでなく信頼できるところから買いましょう。

けっこう安い 中古スマホのイオシス

 

結局これは誰トクなのか?

これまでも携帯料金はなんども見直しを繰り返してきました。

その結果、大手キャリアの通信プラン自体は、かなり安くなってきたのは事実です。

ただ今回の「違約金100円/端末値引2万円以下」は有識者会議にも不意打ちのような形で提案されました。

菅官房長官の「鶴の一声」で決まったとも言われています。

少なくともたった1日の検討会で決めていいような話ではないでしょう。

 

携帯電話の使い方は人それぞれ。

家族で使う人もいれば一人の人もいる。

最新端末がほしい人もいれば別に何でもいいという人もいる。

「十羽一絡げ」で規制しても何もいいことありません。

 

もっとしっかり議論して、明確なビジョンのもと、ユーザーの利益になるような指導をしてもらいたいものです。

 

そんじゃまた。ぶっひん。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-au, docomo, softbank, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.