au docomo softbank スマホ

「ドコモ4割値下げ」に対する各社の反応で4月以降の動向が少し見えてきた話

投稿日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

携帯大手3社の2018年度第3四半期決算が発表になり、各社のトップがマスコミにコメントを寄せました。メディアの注目はドコモの「4割値下げ」に絡むもの。これに対する3社のコメントから4月以降に進む分離プラン後の動向が少しずつ見えてきた感じがしますよ。

ドコモ「2〜4割値下げ」は4〜6月の遅い時期に

NTTドコモの吉澤社長は2月1日の2019年3月期 第3四半期決算説明会にて、かねてから予告していた「2〜4割値下げ」を4〜6月の遅い時期に実施するとコメントしました。

値下げの方法は「分離プラン」を基本とすること。これはすでに各メディアで報道されていた通りではありますが、今回の決算報告会ではもう少し突っ込んだコメントがなされました。

「ケータイからスマホへの移行を進めないといけない。そこには何らかの形で優遇することは必要。端末購入補助なしというのはありえない。発売から1~2年たった端末については割引をすることはある。どのぐらいのレベルになるかは検討の余地があるが、過度な購入補助にするつもりはない」(吉澤氏)

ケータイからスマホへの乗り換え、発売後1〜2年経過した端末については端末購入補助を検討しているとのこと。docomo withや端末購入サポートのような形をとると考えられます。

一方、発売から1年に満たない最新機種に関してはこういった端末購入補助は適用されない模様。iPhoneをはじめとした高額機種の販売は、今後厳しくなっていくことが予想されます。

auやソフトバンクのように長期分割で月額負担を減らすのか、それとも他にプランがあるのか。ここにドコモがどういった策を講じてくるのか、注目していきたいですね。

 

au、ソフトバンクの反応

さて、すでに分離プランを導入しているauとソフトバンクは、今回のコメントを受けてどのような反応を示したのでしょうか。

auの高橋誠社長は、先に導入済みの「auピタットプラン」「auフラットプラン」と比較して、ドコモがそれ以上の値下げに踏み切った場合はそれに追従する構え。ただし基本的な戦略は変えずにこのまま(キャッシュバックも?)いく模様です。

一方ソフトバンクはauとは違った反応を示しました。

ソフトバンクは現在「SoftBank」「Y!mobile」「LINE MOBILE」の3つのブランドを持っており、それぞれ「大容量」「ライトユーザー」「若年層」とターゲットを明確に分けたことで、3ブランドともに成長している、と報告しており、ドコモの値下げに関しては特に意識はしていない模様です。

ドコモへの価格対抗はSoftBankブランドではなくY!mobileで行う方針のようで、現在でもコスパの高さが評価されているY!mobileも「分離プラン」へ移行し、さらに通信費の値下げを行うことは既に発表済みです。

SoftBankは大容量ブランド?

ただこの説明で気になるのは、いつからSoftBankは「大容量」ブランドになっちゃったんでしょうか?それはユーザーの望んだ姿なんでしょうか?という疑問。

SoftBankは「大容量」と言い切っちゃう理由としてソフトバンクの宮内謙社長兼CEOはこのように言っています。

「現在、ウルトラギガモンスター+とミニモンスターの2つの料金プランを用意しているが、ミニモンスターはそんなに売れていない」

これが「ソフトバンク=大容量で、価格もそれなりに高いというブランドが理解されている」という理由だと宮内社長は言っているようなのですが、それはどうなんだろう?と思いますね。

ウルトラギガモンスター+のコスパの高さは認めますが、それも家族四人以上で加入してはじめて享受できるものです。

そこで大容量を望まない家族ために用意されたのが「ミニモンスター」なのですが、これが非常にコスパが悪い。1GB以内の超ライトユーザーなら1,980円(1年目)で利用できますが、従量制のプランのため使うとどんどん高くなる。なんと2GBを超えると「ウルトラギガモンスター+」よりも高くなってしまうんですね。

「ミニモンスター」が売れていないのはそういった理由のせいなわけで、必ずしも大容量プランが認められてるってことじゃないと思いますよ。

いっそSoftBankは大容量定額プラン1本に絞って、Y!mobileと家族割が共用できるようにしていただければ、それこそ「神プラン」として推しちゃうんですけどね。

そうなってくれないかな?

 

今後の動向はどうなる?

ドコモの方針が少しずつわかってきたことで、今後の動向も少し見えてきたのかもしれません。

各社、自社のプランの正当性をアピールするのは決算報告ではあたりまえのこと。ただ今後は通信費が下がる、端末は売れなくなる、なので通信費以外の収入(動画などのコンテンツやファイナンス、流通など)で収益を上げていく方針のようです。ソフトバンクだけは回線契約数増やすと鼻息荒いですけどね。

通信費が下がる、端末が売れなくなるとどうなるんでしょう。

  • 端末価格の実質上昇により機種変更のスパンが伸びていく
  • 機種変更の検討機会が減るため他社への乗り換え需要も減っていく
  • 端末が売れなくなるとそこにかける販促費用も目減りしていく

端末が売れなくなって、どんどん市場は固まっていく方向。これはあまり好ましい状況じゃないんじゃないかと考えちゃいます。

総務省が望んでいたのはこういう世界だったんですかね?「誰もが好きなキャリアと端末を自由に選べる」とはずいぶん違った感じになってますね。ユーザーの動きが鈍くなれば、推進していたはずのMVNO(格安SIM)も厳しいんじゃないかと思いますよ。

ただ逆に言えば、生き残るためのフィールドが解放されたということにもなるので、乗り換えを促すキャンペーン的なものが大手キャリア、格安 SIMともに今まで以上に活発になるとも考えられます。楽天もMNO参入しますしね。

厳しい状況だからこそ顧客獲得のためにがんばってほしいし、少しでもおトクな情報は今後もご提供していきたいと思っています。

でもまあ、今のうちに動ける人は動いておいてもいいかもしれないです。通信費はこの先安くなっていくんですから。今は端末を安く手に入れることを考えてもいいです。何度も言ってますが。

【緊急提言】3月までがラストチャンス!大手キャリアへ乗り換えがオススメな3つの理由
【緊急提言】3月までがラストチャンス?いま大手キャリアへ乗り換えがオススメな3つの理由

ども、とんじるです。ぶっひん。 大手キャリア3社の完全分離プランへの移行がいよいよ現実的となってきました。4月以降は大手 ...

続きを見る

というわけでやっぱり4月以降は端末高くなりそうだけど、それでもまったくダメってわけじゃないかもしれないって話でした。←結局よくわかんないんじゃないかw

なんて自分につっこんでみつつ、そんじゃまた。ぶっひん。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-au, docomo, softbank, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.