【期待外れ?】ドコモ新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」って本当はどうなの?

ドコモが新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を発表しました。

SNSでは「期待外れ」という声もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事ではドコモの新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」について解説します。

  • ahamoには乗り換えづらいと感じているドコモユーザー
  • 最近あまりギガを使っていないドコモユーザー
  • 「5Gギガホ」「ギガホ」に加入している方
  • 5Gスマホが気になっている方
ふぁいりんのアイコン画像ふぁいりん

こんな方は是非お読みくださいね

目次

「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」ってどうなの?

ドコモ本体の新プラン。今回は大容量プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」が発表になりました。

「ahamo(アハモ)」発表時に予告されていた既存プランの変更。

結論から言いますと「かなりいい」のではないかと思います。

  • 実価格を600〜1,000円値下げ
  • 5G無制限/4Gも容量倍増
  • 料金プランはシンプルに

こんな特長のある新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」。詳しく解説していきましょう。

「5Gギガホプレミア」は容量無制限で1,000円値下げ

「5Gギガホプレミア」は、データ容量無制限で月額6,650円(税別)。1ヶ月のデータ使用量が3GB以内の場合は1,500円割引され、月額5,150円となります。

従来の「5Gギガホ」の7,650円から1,000円値下げされ、データ容量も100GBから無制限にアップされました。

そして各種割引を適用、「みんなドコモ割:3回線以上(-1,000円)」、「ドコモ光セット割(-1,000円)」、「dカード払い(-170円)」をフル適用させると月額4,480円(3GB以内2,980円)でご利用可能です。

「ギガホプレミア」は60GBに増量で600円値下げ

4Gプランの「ギガホプレミア」はデータ容量60GBで6,550円。こちらも1ヶ月のデータ使用量が3GB以内の場合は1,500円割引され、月額5,050円となります。

従来の「ギガホ」の7,150円から600円値下げされ、データ容量も30GBから60GBに倍増しました。

各種割引を適用した場合は、「みんなドコモ割:3回線以上(-1,000円)」、「ドコモ光セット割(-1,000円)」、「dカード払い、または2年定期契約(-170円)」をフル適用で月額4,380円(3GB以内2,880円)でご利用可能です。

「ギガホ割」廃止でシンプルに

従来プランに適用されていた、1,000円×6ヶ月割引の「5Gギガホ割」「ギガホ割」は廃止となりました。

加入当初だけ安いという「見せかけ」の割引がなくなって、シンプルになりました。

音声通話は無料分なし

音声通話については「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」ともに20円/30秒の従量課金制。ただしファミリー割引に加入している家族間の国内通話は無料となっています。

オプションで「かけ放題オプション(月額1,700円)」、1回あたり5分以内の国内通話が制限なく無料になる「5分通話無料オプション(月額700円)」をお申し込み可能です。

学割でさらにおトクに

22歳以下の方は学割も適用可能です。「5Gギガホプレミア」は最大6カ月間月980円、「ギガホプレミア」は最大6カ月間月900円でご利用できます。

「ギガホ プレミア」については、7カ月目以降も22歳までの間、「U22特典」で月400円の割引が適用されます。

\ドコモで最新スマホに機種変更/

事務手数料無料/送料無料!

「プレミア」なプランとは?

「プレミア」と名のついた今回の新プラン。SNSでは「期待外れ」という声もあるようですが、さすがに「ahamo」並みにシンプルでコスパの良いプランをメインプランに期待するのも酷と言うものです。

わいりんのアイコン画像わいりん

ここでガクンと下げたら今までの価格は何だったの?てなるわね

ドコモの井伊社長は先だっての「ahamo」発表の場で既存のドコモプランを「プレミア」と位置付けました。

今回のプラン名にもある「プレミア」。これは5Gの最先端技術と端末、そしてリアル店舗やテレフォンサポートを含めた手厚いサービスのことを指します。

今回のプラン改定は、期間限定の割引を廃止して実価格を下げ、さらにデータ容量をアップしています。

価格のシンプル化・明瞭化という部分でしっかりアップデートされた、いいプランであると評価していいでしょう。

「(5G)ギガホプレミア」はどんな人に向いている?

今回の「5Gギガホプレミア」と「5Gギガホプレミア」は、従来の「5Gギガホ」、「ギガホ」に加入している方は無条件で乗り換えてOKです。

値下げになっていることと3GB以下で1,500円割引という機能追加とメリットが多いからです。

また、今回の値下げで4Gプランと5Gプランの価格差は月額100円になり、今までの1,000円から比べると格段に価格差がなくなり、5Gプランを選びやすくなりました。

今まで「繋がらない5Gに1,000円も払いたくない」と5Gを躊躇していた方も、これなら加入しやすくなるでしょう。

また、各種割引をフル適用した場合には5千円以下に収まるようになった点にも注目です。

5Gギガホはデータ容量無制限。しかもテザリング無料で容量制限もなしなので、今までWi-Fiルーターを利用していた方も検討していい内容となっています。

「5Gギガホプレミア」と「ギガホプレミア」は、現時点では他社大手キャリアの大容量プランと比較して「頭ひとつ抜けた」いいプランだと言えますね。

「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」の注意点

「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」加入にあたっては、2点だけ注意点があります。

  • 自動切り替えなし、切り替え手続きが必要
  • 「ギガホ割」適用期間中の切り替えは慎重に

まず、既存「5Gギガホ」、「ギガホ」とは違うプランとなるため、プランの切り替えが必要です。4月1日以降、My docomo、電話、ドコモショップで切り替えの手続きをしましょう。

そして「ギガホ(4Gプラン)」にご加入で、加入から6ヶ月に満たない場合は「ギガホ割」が終了するまで待ってから切り替えた方がいいかもしれません。

「ギガホ割」が適用されている間は月額1,000円割引となるため、「ギガホプレミア 」の月額より安くなっている可能性があります。

「ギガホ割」が終了する7ヶ月目以降に切り替えをしても問題はないでしょう。

ふぁいりんのアイコン画像ふぁいりん

ご自身の現在の契約内容をよくお確かめください

「5Gギガライト」「ギガライト」は値下げなし?

今回、7B以下のライトユーザー向けプランである「5Gギガライト」「ギガライト」のプラン変更はありませんでした。

割引前価格で3,150円(〜1GB)〜6,150円(〜7GB)と、先日発表になったahamoに比べて割高なこと、「みんなドコモ割」、「ドコモ光セット割」の割引額が家族の人数・データ容量に応じて変わるという非常に複雑な料金体系なため、こちらの方こそシンプルに改定して欲しいところだったのですが残念です。

12月28日、一部報道にドコモが「5Gギガライト」「ギガライト」の値下げも検討中との記載がありました。「格安スマートフォン事業者も含めた他社の動向を見ながら、次の手を打ちたい」との井伊社長のコメントが伝えられており、春にも何らかの動きがありそうです。今後の公式発表に注目しましょう。
→小容量データプラン値下げ、ドコモ社長が検討を明言

まとめ

ドコモ本体の新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」について解説してきました。

  • 値下げと容量アップを両方実現
  • 3GB以下の月は自動で1,500円値引き
  • 期間限定値引きを廃止してシンプルに
  • 5G無制限/価格差100円で身近に

「ahamo」ほどのインパクトは確かにないものの、「プレミア」と呼ぶにふさわしい良プランにアップグレードしました。

ドコモから乗り換える予定のない方は、検討していいでしょう。

先日のahamoもそうですが、ここ最近のドコモの動きは見逃せません。今後の他社の動きにも注目です。

この記事が皆さんのスマホ選びの参考になれば幸いです。

\ドコモで最新スマホに機種変更/

事務手数料無料/送料無料!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる