未分類

【発表】ドコモの分離プラン「ギガホ」「ギガライト」!で、ホントに4割下がったの?

投稿日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

ドコモの新プラン「ギガホ」「ギガライト」が発表になりました。かねてから噂となっていた「分離プラン」。菅官房長官の「4割高い」発言から始まった指導に対してのドコモの「回答」は、はたしてホントに4割安くなったんでしょうか?

通話もデータ通信もコミコミ

さてこの「ギガホ」「ギガライト」。

端末購入と切り離された「分離プラン」となりますので、

今回は端末に関しての話はなし。通信費のみご説明します。

説明する方もラクでいいですw

 

最初の話は「コミコミ価格」。

通話もデータ通信もコミコミ一本の価格設定となってます。

その価格は

「ギガホ」が30GB/月で6,980円

「ギガライト」が1GB/月2,980円からの段階制となっています。

とんじる
ん?なんか微妙?

 

通話定額はオプション

「ギガホ」「ギガライト」は

音声通話の基本料金もセットとなっていますが、

国内通話料は家族間通話のみが無料となります。

それ以外は30秒あたり20円の通話料となります。

通話無料はオプションとして用意されています。

5分以内の通話が無料になる

「5分通話無料オプション」が月額700円、

国内通話が完全無料の

「かけ放題オプション」が月額1700円となります。

「月サポ」「docomo with」は対象外

そして端末購入補助である「月々サポート」「docomo with」は廃止になる模様です。

 

「ギガホ」は割引適用で30GB/4,980円!

「ギガホ」は、30GB/月の大容量データを固定料金で利用でき、

30GBを超過した後は最大通信速度が1Mbpsと、

従来の128kbpsよりも高速で容量制限なく利用できます。

超過しても1Gbps出てればなんとか使えると思います。

ここはGoodポイントですね。

 

料金は月額6,980円ですが、

ここから割引適用で4,980円まで下げることが可能です。

みんなドコモ割

同一「ファミリー割引」グループ内の対象音声回線数に応じて、

月額料金を各回線ごとに最大1,000円(3回線以上)割引します。

ドコモ光セット割

同一「ファミリー割引」グループ内に

「ドコモ光」をご契約している回線がある場合、

スマホの月額料金から永年1,000円割引します。

とんじる
実家の回線でも OKってこと

 

このふたつを組み合わせることで

2,000円割引が永年続きますので

ずーっと4,980円で利用可能となります。

 

30GB/月で「ホーダイ」と言っていいのかという疑問はありますが

わかりやすくなったことはなったかと。

ギガホ割

さらに2019年9月30日(月)までに「ギガホ」をご契約の方は、

全員が最大6か月、月額1,000円割引になる

キャンペーンを実施中です!

 

「ギガライト」は割引適用で1GB/1,980円〜!

そしてもう一つのプラン「ギガライト」は

1GB/2,980円〜7GB/5,980円の段階制プラン。

こちらもここから各割引適用で

1,980円/月〜でご利用可能です。

 

みんなドコモ割

みんなドコモ割の割引額は「ギガホ」同様。

3回線以上の契約で1,000円/月の割引が永年続きます。

ドコモ光セット割

同一「ファミリー割引」グループ内に

「ドコモ光」をご契約している回線がある場合、

スマホの月額料金から永年最大1,000円割引します。

 

その結果、

〜1GB 1,980円

〜3GB 2,480円

〜5GB 2,980円

〜7GB 3,980円

となります。

とんじる
こちらも分かりやすいと言えばわかりやすい/st-kaiwa1]

 

で「4割高い」は解決できたのか?

ドコモの説明によると

「ギガホ」「ギガライト」は、

複数契約割引の「みんなドコモ割」、

「ドコモ光」とのセット割引を併用することで

3回線の契約で

「ウルトラシェアパック30」を利用している場合と比べて

約4割安くなるのだそうです。

ここについては色々見方ありますね。

「高くなった」と感じる人もいるかもしれません。

 

他社分離プランとの違い

それでは最後に、

他社分離プランと比較してみましょう。

 

段階制のライトプランと

定額制のヘビーユーザー向けプランに分かれている点は

ドコモ、au、ソフトバンクともに同じ。

 

ライトプランのスタート価格は

3社とも1,980円で横並びになります。

ただしau、ソフトバンクは2年目以降

2,980円〜になってしまいますので

2年目以降の価格はドコモに軍配があがります。

 

この「2年目以降価格が変わらない」というのが

ドコモ新プランの大きな特徴です。

1GB〜7GBで1,980円〜3,980円/月

30GBフラットで4,980円

これが永年続きます。

  • 7GB以下なら「ギガライト」
  • 7GB以上なら「ギガホ」

と、素直につながった無理のない料金プランですね。

正直「横並び」感ぬぐえませんが。

 

端末価格はどうなる?

今回は通話・通信プランのみの発表となりましたが

端末価格はどうなるんでしょうか?

ドコモの吉澤和弘社長は今日の会見で

「端末購入補助は、独立で考える。全く補助がないと、お客さまがお求めにくくなるので、少しでもお求めやすくするアイデアを検討中」

とコメントしました。

このあとGW明けあたりに夏モデルの新機種発表があるはずで

このタイミングで何らかの割引施策が発表されるようです。

「新しいデバイスが出ると同時に、『こういう体系を考えている』ということをご説明したい。(購入補助が)全くないことは考えていない」とのことです。

 

端末価格を含めた総額でも安くなるのか?

すべての回答はGW明けまで待つ必要があるみたいですね。

 

そんじゃまた。ぶっひん。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-未分類

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.