ぱくたそ

docomo スマホ

【検証】分離プラン「ギガホ」と「ギガライト」に見られるドコモの残念な戦略について

投稿日:

ども。とんじるです。ぶっひん。

ドコモの新プラン「ギガホ」と「ギガライト」。従来プランより2割から4割安くなったと言われていますが、巷での評判は「安くなった」「高くなった」と意見真っ二つ。調べてみるとこのプラン、戦略ミスとも取れる「残念な点」がいくつも見つかってしまったんですよ。

 

「ギガホ」と「ギガライト」について

まずは「ギガホ」と「ギガライト」についておさらいです。

「ギガホ」と「ギガライト」はドコモが満を持して発表した新プラン。

端末価格と通信費を分離する「分離プラン」を

ドコモとして初めて本格採用しました。

 

  • 「ギガホ」が月30GBまで使える定額制
  • 「ギガライト」が月1GBからの段階制

 

というふたつのプランに集約されシンプルに。

毎月の通信費も従来プランより2〜4割安くなっていると言われています。

 

twitter界隈では

という意見がある一方で

 

と、ネット上でも意見が真っ二つに割れてますね。

 

うーむ。これはいったいどういうことなんでしょうか?

 

ドコモ新プランの恩恵を受ける人

今回のドコモ新プラン、値下げの恩恵を受ける人はこんな人です。

  • 家族3人以上ドコモユーザー
  • ドコモ光加入済み
  • 当面機種変更予定なし

上記の条件にぴったりはまった場合、ずーっとその恩恵を受け続けることができますので

  • 先月までの大安売り期間中に
  • 他社からドコモにMNP転入して
  • 家族割を適用できた人

こんな方はまさに勝ち組だったといえますね。

おめでとうございます。

 

実際にシミュレーションして「安くなった」と言っている方は

こんな方で、

やっぱり家族全体のコストで考えていて、ドコモ光に加入されているのがわかります。

 

ドコモ新プランで高くなってしまう人

一方「あまり安くなっていない」どころか

「高くなった」という意見も多いのが今回のプランの特徴。

 

端末代が高くなるのは予想されるので

「端末代金コミコミでどうなんだ」って話は当然出てくるとは思っていましたが

それはこのあとの夏モデル製品発表時に公表されると思われる

「あたらしい端末購入方法」の内容を見るまでは、

まだ判断できる時期ではない(期待できないけど)というスタンスです。

とんじるは。

 

でもそうじゃなくで、どうやら

通信費だけ比較しても高くなっちゃう方が、どうもいらっしゃるみたいです。

 

詳細にプランまでアップいただいていますね。

ありがとうございます。

 

この方のように

  • おひとりさま
  • ドコモ歴15年以上
  • docomo with適用

という、現行プランの恩恵を受けている方は

逆に高くなってしまうという状況です。

 

docomo withについては条件として入れるべきなのか

比較検討の公平性という点で少しどうかと思う点ももあるのですが、

少なくともこの方はdocomo with の割引が毎月適用されているということは

「端末は定価購入されている」と推察されますので

分離プランの比較対象としていいと考えています。

 

さてどうでしょう?

ここでとんじるは思いました。

 

とんじる
ドコモさん。けっこう残念なことになってるよ

 

ドコモの新プラン「ギガホ」と「ギガライト」の残念な点について

これからお話ししていきますね。

 

残念な点1 「ギガホ」は100GBでもよかったんじゃね?

まず最初は「ギガホ」の残念な点。

「ギガホ」の「ホ」は「ホーダイ」の「ホ」なんですよね?

 

とんじる
30GBで「ホーダイ」って…

 

ドコモの説明では

「30GBを超えても1Gbpsの速度で通信できるので

ほとんどの場合問題なく通信できる、事実上の無制限」

となっていますが

そんな言い訳いいから、

いっそのこと100GBくらいどーんとやっちゃえばよかったのに

と思うわけです。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」が

「50GBでしかも動画や SNSがカウントフリー」というプランを出してくている中で

それを下回る内容のプランを提示されても、ねえ。

 

ソフトバンクが上記のような「大盤振る舞い」をした理由は

「どうせそこまで使うユーザーなんか限られてる」という

ある意味ユーザーを小馬鹿にしたようなしたたかさ。

だから「間のプラン」をすっ飛ばして

思い切ったプラン攻勢に出てきたわけですから

そこをしっかり受けて立つような

大胆なプランを期待したかったですね。

 

とんじるとしては

ギガホは「100GB」でもよかったんじゃね?

と考えます。

 

残念な点2 「ギガライト」は0円スタートできたんじゃね?

続いては「ギガライト」です。

ここもau、ソフトバンクのライトプランに「揃えて」きちゃいましたね。

あー、残念 残念。

 

これはもう、今回のプランをちょっと見直すだけで

ぐっと魅力的になったかもなのに。

ほんとに残念です。

 

「ギガライト」は何もしないと2,980円/月からの料金です。

「家族割(みんなドコモ割)」「ドコモ光セット割」を併用することで

1,980円/月になるんですが、

これもう完全に他社に「揃えた」だけ。

 

特に「ドコモ光セット割」は、ステップ3(3GB以上)では1,000円引きとなりますが

ステップ1では割引額「0」。

ゼロですよ?

 

「ドコモ光セット割」の割引額(赤枠内が残念)

 

たとえばここを一律1,000円割引にすれば

なんとドコモ回線が

1GB/980円で使える

魅力的なプランが出来上がります。

そしてそこに「はじめてスマホ割」の施策を併用すれば

「半年間0円」という非常に「映え」る、

おトクプランができたはずです。

 

発表によると「ドコモユーザーの40%は1GB以内のライトユーザー」なんだそうで

そこからしっかり課金しないと全体の利益構造を揺るがすってことなんでしょう。

 

でもねドコモさん。

その40%のユーザーのうち、相当数がとんじる界隈の

「寝かせてる」ユーザーだってこと、わかってるんでしょ?

 

わかっていながらこういうプランに「落ち着かせよう」とするあたりに

ドコモのクソ真面目さというか「小物感」を感じざるをえないのです。

 

とんじるとしては

ギガライトは「0円スタート」できたんじゃね?

と考えます。

 

残念な点3 長期ユーザー軽視は致命傷になるよ

そして最後の残念ポイント。

それは先ほどご紹介したユーザーさんの例にある通り

今回の新プランは「長期ユーザーに対する恩恵がない」ところです。

 

「ギガホ」「ギガライト」の割引施策は

  • 家族3人以上
  • ドコモ光加入

という条件に対し適用されるもので

長期ユーザーはたとえ20年来のドコモユーザーであっても

メリットがまったくないのです。

 

これはau、ソフトバンクも同様ではあるのですが

ドコモの現行プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」では

ドコモ加入年数に応じて割引が適用される

「ずっとドコモ割プラス」というものが存在していました。

 

このブログでも「ベーシックシェアパック」は神プランだ!

ゴリ推ししていたのですが、

これは「ずっとドコモ割プラス」という

長期ユーザーに対する割引施策に対する評価でもあったわけです。

 

マニアから「養分様」と揶揄されながらも

ずっとドコモに対し高額な通信料を払い続けてきてくれていた「太客」に対し

業界で初めて目を向けた、ドコモならではの良施策だったのですが

今回あっさり捨ててしまいましたね。

 

うーん。とにかく残念。

 

とんじるとしては

「長期ユーザー向け施策」を直ちに追加するべきじゃね?

と考えます。

 

残念すぎるドコモの戦略

今回の「ギガホ」と「ギガライト」

他社からも「肩透かし」と言われている有様です。

 

これはドコモが、業界最大手としての気概を持たず

他社や政治家の顔色ばかりうかがった結果ではないかと考えています。

 

業界トップの企業が見るべきは他社の動向ではなく

業界全体の発展であるはず。

 

限りある顧客を他社と奪いあう消耗戦から一歩離れ

業界全体が発展していくことで、自社の利益も自然に増えていく。

トップ企業とはそういうものではないでしょうか。

 

ましてやこれから5Gの時代になり

ますます社会のネットワーク依存が進んでいくわけです。

「5Gの設備投資にお金がかかるから」とか

ちっちゃいこと言わないでくださいよ。

 

今回のプラン、ほんのちょっとの改定で

ずっと魅力的なものになる可能性を秘めています。

このブログを(ドコモの)吉澤社長がお読みになるとはとても思えませんが

頑張ってほしいとのエールをこめて申し上げます。

 

とんじる
残念です!(ざぶんぐる加藤風)

 

ドコモが嫌になったらソフトバンクという手もあるよ

そんなわけで、長年連れ添ったドコモさんに嫌気がさしてしまった

というかたは

ソフトバンクへの乗り換えはいかがでしょう?

 

このブログではソフトバンクのネット代理店

「おとくケータイ」と「ケータイ乗り換え」のキャンペーン情報を

随時更新・公開しています。

 

すでに分離プランに移行済みのソフトバンクですが

相変わらずキャッシュバックとかしてくれちゃっています。

 

ご興味のある方は下記の記事なんかもご参照くださいませ。

おとくケータイとスマホ乗り換えのキャンペーン比較!
【9/19更新】おとくケータイとスマホ乗り換えのキャンペーン比較!

【9/19更新】いよいよこの3連休が勝負!「おとくケータイ.net」「スマホ乗り換え.com」の高額キャッシュバックキャ ...

続きを見る

 

ドコモの新プラン。いかがでしょうか?

かなりディスっちゃいましたが条件が揃えば安いのは事実。

今後の端末購入プランの発表も楽しみにしてみましょう。

 

そんじゃまた。ぶっひん。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-docomo, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.