スマホ 日々雑感

画面が割れたスマホを使い続けている人は、絶対に損をしていると断言できる件

更新日:

電車に乗っていると、画面が割れたスマホを使い続けている方、けっこういらっしゃいますよね。
「修理に出すお金ないし、使えるから大丈夫」っておっしゃるのかもしれないけれど、怪我をしないか見ていて心配になりますし、やっぱりカッコ悪いですよね。

…うーん。そんな方に言いたいことがあるんです。

「あなた、絶対損してますよ!」

 

ども、とんじるです。ぶっひん。

画面の割れたスマホを使い続けてる人って、実はご自身が気づいていないだけで、結構損をしているんです。もうこれは断言できる。
今回は「画面割れスマホを使っている人が損をしてる」と断言できる理由と、損をしている自分から脱却する方法をお教えしますよ。

画面割れスマホを使い続ける理由

画面が割れた。

そのショック、よくわかります。とんじるも過去に何度も割ってますので。

画面が割れたスマホを使うなんて、誰だってイヤに決まってますよね。画面が割れる理由なんて、毎日使っていればそこらじゅうにあるわけで、それを回避するには

  • 画面割れしにくいスマホを使う
  • 手帳型のケースに入れる
  • 指かけ(リング)を使う

みたいなことをすればいいわけなんですが、iPhoneなんかガラスむき出しなので、もうちょっと落としただけでOUT、なケースは多いわけです。
だからと言って

「ガラスむき出しのこのデザインがいいの!」
「デザインを損なうようなケースやリングなんかつけたくない!」

っていう、いわゆる「裸族」の方には上記のような対策は無意味ですし、もうだいたい、落とした後にケースに入れても直るわけでもないしね。

そうじゃなくて、今回問いたいのは「落としたスマホを使い続けなきゃいけない理由って、なんなんでしょう」ってこと。

「修理に出すのが面倒」なら、早めに修理出しましょう。理由がそれだけならね。
でも本当のところは「修理に出すお金がもったいない」からなんじゃないですか?

確かに画面割れだけでもAppleサポートだと15,000円以上するみたいですし、街中にある純正じゃない修理屋さんだとちょっと心配。だから「次の契約更新まで我慢して使うしかない」っていうのが本音なんじゃないでしょうか。

でも、本当に次の契約まで我慢しなきゃいけないんでしょうか?

スマホ契約は「ふたつの呪い」で身動き取れなくされている!

だいたいみなさん、スマホは2年縛りの契約を結んでいますよね。更新月以外は違約金がかかるっていう「呪い」をかけられてる。
なんで「呪い」なんて言うかというと、この2年縛りを勘違いしている人が多いんです。

ひとつめの呪い「2年縛り」

スマホ契約の2年縛り、実は単純に機種変更するなら、別に2年待たなくてもいいんです。極端な話、毎月だって機種変更はできる。なのに「2年間は機種変更できない!」って思い込んでる、これはショップのおねーさん(おにーさんやおじさんの場合もあり)にかけられた「呪い」以外の何物でもない。と、とんじるは思っております。

でもね、そう考えてしまうのもわかるんですよ。実はスマホ契約にはもうひとつ、もっとすごい呪いがかかってるから。

ふたつめの呪い「分割」

2年間機種変更できない本当の理由は、こっちにあります。

スマホの価格って、定価で買うと高いですよね。最新のiPnone Xなんか、15万円くらいする。だから当然のように端末料金は分割にするわけですが、そこでキャリアは「2年縛りの契約をしてくれれば、端末代金の一部を負担します」っていう条件を出してくるわけです。いわゆる「実質価格」ってやつです。この端末代金の一部負担は「月々サポート」だったり「毎月割」「月々割」とか、キャリアによって呼び名は変わりますが仕組みとしては同じです。
うん。これならあこがれの最新機種が使える。2年以内に解約しなきゃいいんでしょ?

いいサービスじゃないですか。

確かに、普通に使っているぶんには問題ないのかもしれない。

でも今回のケースのように、スマホが壊れた場合、2年契約の途中で機種変更しようとすると、分割の残債を清算しなければなりません。しかもその時点で「月々サポート」等の権利もなくなってしまいますので、残りの金額は結構な額になってしまうわけです。

これがふたつめの呪い。

2年契約の途中でスマホが壊れた、調子悪い、気に入らない、それでも我慢して使い続けなきゃいけないのは、分割購入による弊害といえますよね。
だから、

スマホは分割で買っちゃいけないんです!
スマホは一括購入が基本!

一括購入すれば残債など気にせず、自由に機種変更も可能。
実はその上、毎月の料金もおトクになるんです!

スマホは一括購入が基本!そのメリットは?

「でも、そもそもスマホが高いから分割で買ってるわけで、そんなことできるわけないじゃん!」

そうですよね。ごもっとも。そういう疑問にもちゃんとお答えしますが、
でもその前に、一括購入のメリットについてお話しします。

先ほど、スマホが壊れた時などに機種変更しやすいというお話をしましたが、それだけじゃオススメの理由としては弱い。
本当の理由はズバリ

「毎月の料金がおトクになる」からなんです。

みなさん、毎月どのくらいスマホにお金かかってますか?
7,000円から8,000円。多い人は1万円近くっている人も多いですかね?

だいたい月々の料金の構造はこんなかんじ(税別)。

  • 通話料(5分無料) 1,700円
  • ネット接続料     300円
  • パケット代(5GB)5,000円
  • 端末代金     3,000円
  • 端末購入割引    -2,500円
  • 合計       7,500円

これが端末を分割で購入した場合。だいたいみなさん近い感じじゃないでしょうか?

端末を一括で購入すると、端末代金がなくなりますから

  • 通話料(5分無料) 1,700円
  • ネット接続料     300円
  • パケット代(5GB)5,000円
  • 端末代金       0円
  • 端末購入割引    -2,500円
  • 合計       4,500円

と、こんな感じ。
さらにauやSBなら、家のインターネットを契約するとスマホ代がさらに1,500円くらいマイナスになりますから、そうすると月々3,000円くらいで済んじゃう計算。

ね、おトクでしょ?

あとは端末をいくらで一括購入するか、という問題です。

スマホをおトクに購入する。そのキモは「MNP」と「Twitter」

スマホ端末をおトクに購入する方法。それは「MNP」です。

聞いたことありますかね?「携帯番号ポータビリティ」電話番号そのままで他社に乗り換える、ってやつです。

他社の顧客を減らして自社の顧客を増やす「MNP」は携帯キャリアにとってはとても重視されています。ただ、総務省の指導で過激なキャッシュバックが禁止されてしまったので、いまは表向きにはあまりおおっぴらに施策が打てない状況。
なので、現在はショップ単位で独自にキャンペーンを行っています。これが結構大きい。

年末や年度末の3月なんかは、それこそ条件が揃えば

最新端末が一括0円!なんてのも出てきています。

ただこういったお店単位のキャンペーンは、時期もどこでやるかも事前にはあまり情報が出てこない、ゲリラ的に行われるケースがほとんど。なので情報収集には「Twitter」を使うのです。

Twitterで「MNP 一括」と検索してみてください。
いろいろ出てきますよ。

このTwitterの見方や情報収集のやりかたなどは、また別のエントリーでお話しします。

今日のところは

スマホは「MNP 一括」で買うべし
情報はTwitterで検索すべし

この2点だけ覚えておいてください。

そんじゃまた。ぶっひん。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スマホ, 日々雑感

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.