softbank モバイル

最新iPhoneを格安SIM並みにおトクに乗り換える方法とは?

更新日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

みなさんに質問です。スマホの維持費を下げるにはどうしたらいいと思います?「格安SIM」?そう、正解。では「最新の」スマホの維持費を下げるには?う〜ん、結構難問ですよね。今回は、iPhone 8やiPhone X、そしてXperiaなどの最新スマホを、格安SIM並み、あるいはそれ以下の維持費で使うウソのようなテクニックを伝授しちゃいます。はっきり言って、必見ですよ!

 

最新iPhoneは格安SIMでは手に入らない!

このブログでもUQモバイルや楽天モバイルといった格安SIMのサービスをオススメしていますが、格安SIMの弱点といえば「最新のiPhoneがラインアップされてない」こと。最近はiPhone SEや6sを販売している格安SIMもありますが、どうしてもひとつふたつ前のモデルになってしまいます。最新のiPhoneやXperiaといった最新スマホを手に入れるには、AppleストアでSIMフリー版を定価で買う(iPhoneの場合)か、大手キャリアで2年縛りを前提に分割で買うしかないんでしょうか?

いいえ。大手キャリアで最新スマホを安く手に入れて、ついでに月々の維持費も格安SIM並みに下げるテクニックがあるんです。

とんじる
とんじるも実践しているそのテクニックを大公開しますよ。

 

動かぬ証拠。とんじるのスマホ維持費を公開!

まずは下の画面をご覧ください。これは2018年3月のとんじるの維持するソフトバンク回線の請求額です。

1台はガラケー、もう1台はiPhone7で、2台合わせて4円/月 笑!

この回線、スマホの方はとんじるの娘「とんじるこ」に使わせています。2017年3月に、当時最新(といっても8の噂がチラホラというタイミング)のiPhone7をドコモから乗り換え(MNP)で契約しました。

最初の2ヶ月は多少出費があったものの、5月以降はずっとこの金額で維持しています。しかもこの回線のすごいところはデータ量が3GBまでこの金額というところ。これはこの年のソフトバンクの学割が神がかり的に素晴らしい内容だったせいなのですが、このまま来年の3月まではこのままの金額で維持し続けられることになっています。どうです?格安SIMより安いでしょ?

とんじる
あ、そこのアナタ。「コイツ絶対ワルイことしてる」と思ってるでしょ?

さすがにこんな「神回線」は、とんじる自身も今後はなかなか契約できないと思ってます。いくつもの好条件が重なった絶妙のタイミングだったので。実際、自分自身の電話番号はこの条件に合わず、検討の結果UQに行くことになりましたし。

ただ、ひとつだけお断りしておくと、決してワルイことはしてません!「知識があれば誰でもできること」なんです。

とんじるがこの回線を契約したお店はココ

「神回線」の内訳から安さのカラクリを解説します!

それではこの安さのカラクリを解説していきましょう。まずはこの「神回線」の内訳から。

親回線:4Gガラホ(AQUOSケータイ2)(月額/税別)

端末代 0円 ※一括購入
通話料 1,200円 スマ放題ライト(ケータイ)
ネット接続料 300円
パケット使用料 0円 データ定額S(4G ケータイ)(0円~4,200円)
月々割 -1,223円 ※24ヶ月間割引適用
下取りプログラム(のりかえ) -277円 ※ガラケー(中古品を2,000円で調達)
ユニバーサル手数料 2円
合計 2円

子回線:iPhone 7 (32GB)(月額/税別)

端末代 0円 ※一括購入
通話料 1,700円 スマ放題ライト(iPhone)
ネット接続料 300円
パケット使用料 3,390円 データ定額20GB(U18)※2017年学割施策
月々割 -2,973円 ※24ヶ月間割引適用
学割モンスターU18 -1,000円 ※2017年学割施策
割引優待キャンペーン -1,000円 ※自宅に送られてきたクーポン(24ヶ月間割引適用)
下取りプログラム(のりかえ) -417円 ※Androidスマホ(家にあった初代Galaxy Note)
ユニバーサル手数料 2円
合計 2円

この表のピンクのセルにご注目ください。通常、端末は分割で購入しますよね。そしてその分割した月々の端末代を割り引くために、月々割(docomoでは月々サポート、auでは毎月割といいます)という仕組みがあるわけなんですが、この月々割、端末を一括で購入した場合は毎月の利用料から割り引かれるんです!最近は「端末購入サポート」など、月々割のつかない施策も増えてきているのですが(このあたりの話は別の機会に)、月々割がある場合は端末を一括で買うことで、毎月の維持費を下げる効果がある、ということは覚えておいてください。

そして表の中で※の付いている、学割や下取りなどの各種割引サービスを組み合わせて、さらに毎月の料金を下げることに成功しています。この辺は時期によって大きく異なってくる部分なので今回は詳しく言いません。時期を見てまた別の機会にご説明しますね。

とんじる
ポイントのひとつめは「端末一括購入」ですよん♪

でも、ここで疑問がうまれた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

「月々割って、もともと高い端末を安く手に入れるための割引なので、それを維持費にまわしたら、端末は定価で買わなきゃいけないんじゃないの?」って。

その疑問、ごもっとも。スルドイ指摘です。

そうなんです。ここでもう一つのポイント「他社から乗り換え(MNP)」が意味を持ってくるのです。

とんじるがこの回線を契約したお店はココ

他社から乗り換え(MNP)で端末を安く手に入れる!

さあ、それではとんじるが、いくらで端末を一括購入したかを教えちゃいましょう。

とんじる
AQUOSケータイ2が10,000円(税込)、iPhone7は20,000円(税込)です!

どうです?思ったより安いでしょ?この位の金額なら一括で払ってしまってもいいと思いませんか?他社から乗り換え(MNP)なら、月々割を使わずに、端末価格をここまで安くできるんです。

でも、これってなぜなんでしょ???

MNPがおトクな理由

携帯の契約には3つの種類があります。既存のお客さんが契約更新のときに行う「機種変更」、新しく回線を契約する「新規」、そして他社から乗り換える「MNP」です。ここで携帯キャリアの立場でこの3つの契約形態を考えてみましょう。

  • 機種変更→お客さんの数は変わらない(±0)
  • 新規  →お客さんの数がひとり増える(+1)
  • MNP  →競合のお客さんがひとり減って自社のお客さんがひとり増える(+2)

おわかりいただけましたか?そう、MNPとは、ライバルキャリアからお客さんを奪って自社のお客さんにする、1粒で2倍オイシイ契約なんです。

だからMNPに対しては、キャリアの本部より各販売店に対し「頑張って獲得するように!」とゲキが飛ぶワケです。当然ノルマや目標が設定されてるようで、それをクリアすることにより販売店にインセンティブ(報奨金)が入る、という仕組みが出来上がっています。その報奨金を含めた販促費を、端末価格の割引やキャッシュバックに充てているんですね。それでも割引が足りない場合は「オプションに2ヶ月だけ入ってください」とかの条件をつけることで、端末の販売価格を下げているわけです。

とんじる
これがMNPだけが安く端末を買えるワケです。

SoftBankへの乗り換えなら【ケータイ乗り換え.com】

最新スマホをMNPでおトクに持つには?

さて、それでは実際に最新スマホをMNPでおトクに持つにはどうしたらいいんでしょうか?

先にも言いましたように、MNPの割引やキャッシュバックの源泉はキャリアから販売店に対する販促費ですから、その額は時期や販売店によってマチマチになります。なので、MNPにおトクな時期と販売店を見つけて、その内容を見極める必要があるんですね。

その情報は「Twitter」で入手するのですが、たくさんの情報の中から自分の求める条件にあったツイートを見つけるのは大変です。いい条件はあっという間に在庫切れになってしまいますから、おトクな情報をゲットするにはTwitterでの「情報戦」に勝つ必要があるんですね。はっきり言って相当の知識がないとむずかしいと思います。

また、実際にお店に行ってからも、順番待ちで待たされたり、受付した後も開通まで時間がかかりますから、休日をまるまる1日費やしてしまうような場合もありますね。しかもそのお店が近ければいいですが、場合によってはまったく土地勘のない場所に行く羽目になったり…。

とんじる
知識と忍耐、MNPで勝つには相当の努力が必要なんです?

こんなの、面倒でやりたくないですよね。でも安心してください。知識がなくてもおトクに最新スマホが手に入るオススメのサービスがあるんです!

SoftBankへの乗り換えなら【ケータイ乗り換え.com】

誰でもカンタンに最新スマホをゲットするには「ケータイ乗り換え.com」がオススメです!

「ケータイ乗り換え.com」聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。「ケータイ乗り換え.com」はソフトバンクの正規代理店で、実は最初にお見せしたとんじるの「神回線」は、この「ケータイ乗り換え.com」で契約したものなんです!

「ケータイ乗り換え.com」がほかの店舗と違うところは「いつでも最良の条件」というところ。最新のiPhone XやiPhone 8も驚きの好条件を提示してくれます。キャッシュバックもなんとその場で現金でもらえるのでうれしいですね。

店舗は東京(池袋)、大阪(梅田・難波)、京都、福岡、名古屋の5店舗。「遠方で行けない」という方もスタッフさんが相談に乗ってくれます。

1年を通じて、その時その時で最適な条件をキャンペーンしていますので、いつでもだれでも、納得の好条件で最新スマホがゲットできますよ。

気になった方は一度相談してみてくださいね。
SoftBankへの乗り換えなら【ケータイ乗り換え.com】

まとめ

  • 大手キャリアで最新スマホをおトクにゲットするには「一括」と「MNP」が決め手
  • おトクにMNPするには情報戦に勝つ知識と忍耐が必要?
  • ネットで完結する「ケータイ乗り換え.com」がオススメ

そんなわけで、今までMNPをたくさんやってきたとんじるが自信を持ってオススメする「ケータイ乗り換え.com」。気になった方はお問い合わせしてみてください。

そんじゃまた、ぶっひん。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-softbank, モバイル

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.