iPhone

【iPhone 11 Pro】進化がスゴいと噂のトリプルカメラ。でも本当にスゴいのは「iPhoneとしての進化」という話。

投稿日:

進化がスゴいと評判のiPhone 11 Pro「トリプルカメラ」。いったいなにがスゴイのか実際に試してみましたよ。でも実は本当にすごいのはもっと別のところにあるみたい。カメラの進化から「iPhoneとしての進化」について考えます。

 

iPhone 11 Proの「トリプルカメラ」がスゴい!

ども。とんじるです。ぶっひん。

iPhone 11 Proを手に入れてしばらく使ってみました。

今回は、実際に使ってみた使用感を中心にレビューしていきますね。

 

さて、iPhone 11 Proのことで、なにかと話題になっているのが「トリプルカメラ」。今までのiPhoneにはない「異形」のデザインから、「ボトムズに似てる」「ダサい」と発売前はあまり評判はよくなかったようです。

しかしそれも発売になり、実際のユーザーレビューがTwitterやInstagramに上がってくると、「トリプルカメラすげー」「絶対買い」と賞賛の嵐。

事前の「ダサい」から「すげー」に評価が一変しているわけなんですが、なにがそんなにスゴいんでしょうか?

 

「超広角レンズ」がスゴい!

iPhone 11 Proのトリプルカメラは「望遠/広角/超広角」の3つのレンズで構成されます。

カメラアプリを立ち上げた画面では「2x/1x/0.5x」という表示になっています。

実はiPhone 11と11 Proの差は望遠レンズの有無なので、本来11 Proを評価する際は望遠側のスゴさについて語るべきなんでしょうが、超広角レンズのインパクトがまずスゴいっす。

超広角レンズの焦点距離は35mm一眼レフカメラ換算で13mm相当。そんな交換レンズ高くて買えません。

それがスマホについてるのだからホント感涙ものです。

超広角(0.5x) ひろーい!

超広角(0.5x) ひろーい!

広角(1x) スマホの標準的な画角

広角(1x) スマホの標準的な画角

望遠(2x) まあこんな感じよね

望遠(2x) まあこんな感じよね

レンズの光学的な性能ではこの3枚まで。これだけではあえて3眼の「Pro」を選ぶ理由はあまりないかもしれません。

でも実は、ここからさらに「寄れる」んです。

 

デジタルズーム(10x) すげ!近!

デジタルズーム(10x) すげ!近!

これはデジタルズームをフルに聞かせた状態(10倍)。

デジタルズームなので当然画質は劣化していますね。手前の信号とかのディテールが甘くなってます。

でも、もとの画素数が高いので画面確認する程度では問題ないみたいです。それよりこの画面の迫力勝ち。

とんじる
なるほど。望遠レンズはデジタルズームで「寄れる」レンズとして意味を持ってるんですね

 

そしてこの超広角か超望遠まで、無段階ズームが可能です。

iPhone 11 ProのカメラUI 円盤のところを「ぐいーん」とやるとズームします

iPhone 11 ProのカメラUI 円盤のところを「ぐいーん」とやるとズームします

iOS 13になってカメラUI(ユーザーインターフェイス)も進化していて、カメラの倍率部分を長押しすると円盤状のズームリングが現れます。

これを「ぐいーん」とやると0.5倍の超広角から10倍ズームまで、バリアブルにスーミングが可能です。

3枚のレンズが切り替わる瞬間に若干画角がずれるんですが、そんなの気にならない使い勝手の良さ。

感覚にマッチした使い勝手が○です。

発表時は「ダサい」と低評価だった背面レンズのレイアウトも、この機能を実現するために必要な、機能的デザインだったということでしょう。

とんじる
あのアニメへのオマージュじゃなかったのですね!

 

「ナイトモード」がスゴい!

次に話題なのが「ナイトモード。

これはもう作例写真を見ていただきましょう。

近所の運送会社:ナイトモードOFF

近所の運送会社:ナイトモードOFF

近所の運送会社:ナイトモードON 星まで写ってる!

近所の運送会社:ナイトモードON 星まで写ってる!

近所の公園①:ナイトモードOFF

近所の公園①:ナイトモードOFF

近所の公園①:ナイトモードON

近所の公園①:ナイトモードON

近所の公園②:ナイトモードOFF

近所の公園②:ナイトモードOFF

近所の公園②:ナイトモードON

近所の公園②:ナイトモードON

これはもう楽しすぎます!

カメラって、基本「見たものを撮る」ものなんですが「見えないものが撮れる」感動。

やけに想像力を掻き立てられますね。

ナイトモードONの時は1〜2秒ほどシャッターが空いています。

手持ちだと当然ブレるはずなんですが、超広角レンズで画面の「周辺」も一緒に記録しておくことで、手ブレした部分をうまく重ね合わせて合成しているみたいです。

とんじる
AIってスゲー

 

iPhone 11シリーズの機種変更はオンラインショップがオススメ

 

「スローフィー」がスゴい!らしい

AppleがiPhone 11を発表した際に発したことばで「スローフィー」というものがあります。

セルフィーのスロー版ということで、自撮り側でスロー動画が撮れるというものです。

なんだか楽しいですね。

とんじる自身は自撮りしないんですが、インスタやってるリア充さんなら、きっと使いこなせるんじゃないでしょうか?

 

「FiLMIC Pro」への期待がスゴい!

9月10日の発表イベントをご覧になっていた方は、ある動画に目が釘付けになったんじゃないでしょうか。

それはサードパーティー製のカメラアプリ「FiLMIC Pro」のデモンストレーション動画なのですが、ちょっと驚きです。

まずはご覧ください。

いかがですか?

iPhone 11 Proのトリプルカメラとインカメラ、あわせて4つのカメラを同時に起動して映像を記録できるのです。

望遠、広角、超広角の3つの画角と逆アングル、4つのマルチアングル映像がiPhone1台で撮れる。

映像制作をしていらっしゃる方なら「あんなことしたい/こんなことしたい」と想像が膨らむんじゃないでしょうか?

このマルチカム機能はまだ実装されていないとのことですが、年内目標でリリース予定とのこと。

今からリリースが楽しみですね。

とんじる
とんじるは使いこなす自信ないけどね

 

「写真」アプリがスゴい!

そしてこれらのカメラ機能を使って撮った画像を見る「写真」アプリが、iOS13で大きく進化しました。

今までの「かんたんな編集ができる」レベルから、本格的な画像編集ソフト並みの調整が可能になっています。

はっきり言ってPhotoshopレベル。

しかもUIが進化していて、スライダーを使って感覚的に微調整可能。

一度かけた設定を取りやめることも簡単なので、感覚的にポンポンと編集していくことができます。

って、いくらことばで説明しても伝わらないので、実際に編集した様子をTwitterにアップしてますのでご覧ください。

 

この動画、早回しもなにもしていない(あ、早回し編集も簡単にできますよ)です。

撮ったその場で、わずかな時間でここまでの編集作業ができるんですから、スゴいと言わざるをえませんよね。

 

iPhone 11シリーズの機種変更はオンラインショップがオススメ

 

「iPhoneとしての進化」にココロ震える

iPhoneとしての進化

今回のiPhone 11 Pro。形としてはiPhone Xから大きく変わることなく、モデルチェンジとしては小規模な「マイナーチェンジモデル」というのが事前の評判でした。

実はとんじる、今までPCはMacを使いながらスマホはAndroidを愛用している「あまのじゃく」ユーザーだったのですが、今回の発表イベントをリアルタイム視聴して「なにか今までと違う」と直感。実機も見ずにはじめて予約開始日に予約、発売日にゲットしたんですね。

それはこういった通信ブログを運営するものとして「iPhoneは避けて通れない」という意味合いもあったのですが、もうひとつ大きな理由として、今回の発表でAppleは、これからのiPhoneのあり方を明確にメッセージしてきたんじゃないかと感じたからなんですね。

そう。iPhone 11(Pro)は、スペック以上に「iPhoneとして大きく進化」しているのです。

 

iPhoneとAndroid、目指す方向の違い

これまで紹介してきたiPhone 11 Proの先進的なカメラ機能。実はHUAWAIやXperiaといったAndroid端末にはすでに実装済みのものも多いんですね。

だからガジェット系のメディアの多くはそれぞれの端末を撮り比べて、「ここはXperiaがスゴい」「ここはHUAWAIの方がいい」とやっているわけですが、たぶんAppeleの向いている方向はそこじゃないです。

 

今までのスマホは、インターネット上に溢れるさまざまなコンテンツを楽しむ「豊かなユーザー体験」をベースに進化してきました。

Androidスマホの進化の方向は今でもたぶんこっちです。

 

でも今回のiPhoneは違います。

「写真を撮る」→「編集する」→「シェアする」という一連の流れを、その場で、淀みなく、非常に高いレベルで完結できるのが、iPhone 11シリーズの一番の魅力であり、今回のモデルチェンジのキモです。

これは「デジカメを超える画質」とかいうレベルではなく、すでに「デジカメとは違うもの」。なんですね。

 

Android勢があくまでスマホを「情報端末」として捉えているのに対して、Appleはその先、というか反対側。

iPhone、特にその上位機種であるiPhone 11 Proを「情報を消費する側」から「情報を発信する側」のためのツールだ、とメッセージしてきたんじゃないでしょうか。

 

クリエイターのための「Pro」シリーズ

今回はハードとしてのモデルチェンジとともに、OSもバージョンアップしています。

今まで同じだったiPhoneとiPadのOSを「iOS 13」「iPadOS 13」とじはじめて分けたんですね。

それによってiPhone、iPad、Mac(あとApple Watchね)というApple社のプロダクトそれぞれが別々のOSになった。

iPhoneが「iPhone専用のOS」を手に入れたことになります。

これは非常に大きな意味を持つと思いますよ。

今後はiPhone、iPad、そしてMacが性格的に明確に棲み分けられ、それぞれに最適な進化を遂げていくことになるでしょう。

そして、それぞれに「Pro」を冠したモデルをラインアップさせた。

「Pro」の名がつくモデルは、情報をクリエイトする人に向けたプロダクトだと、Appleは言ってるんじゃないですかね。

iPhoneは「生活シーンの中での発見や気持ちに素早く応える」デバイスとして、

そしてその中でもiPhone Proシリーズは、よりクリエイティブなツールとして位置付けられていくのではないでしょうか。

 

iPhone 11 Proは、すべての人にオススメできるモデルではないのかもしれません。高いですし。

ここまでの記事をお読みになって「欲しい!」と思うか「いらね」と思うか。

この辺けっこうはっきり別れるのかもしれませんね。

とんじる
あなたはどっちですか?

 

まとめ

「カメラがすげー」と絶賛されてるiPhone 11 Pro。実際のカメラ性能だけみると、Android勢のハイスペックスマホの方が優れてる部分も多いです。

でもそれ以上のものがあると今回は結論づけました。

  • カメラスペック以上のクリエイティビティがスゴい
  • iPhone専用OSとして進化したiOS13がスゴい
  • 今後のiPhoneのあり方を明確にしたAppleのメッセージがスゴい

iPHone 11 Pro。今回購入して非常にワクワクしています。

どうですか?欲しくなっちゃいましたか?

もしそうだとしたら、ひょっとするとiPhone 11 Proに「見初められちゃった」のかもしれませんよ?

 

そんじゃまた。ぶっひん。

 

iPhone 11シリーズの機種変更はオンラインショップがオススメ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-iPhone

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.