【2019年2-3月】大手キャリアにMNPで「iPhoneはいくらで買えていくらで維持できるんだ」問題

au docomo iPhone softbank モバイル

【2019年2-3月】大手キャリアにMNPで「iPhoneはいくらで買えていくらで維持できるのさ?」問題

更新日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

2019年2月現在、このブログでは「端末を安く購入できる今のうちに大手キャリアにMNP」とお話ししています。ではいったいいくらで買えて、維持費はいくらになるんでしょうか?人気のiPhoneを例に、携帯キャリア各社のMNP端末購入価格と最低維持費を検証してみますよ。

 

ドコモの場合

さて早速。

まずはドコモの場合です。

ドコモの最低維持費は単体契約の「ベーシックパック(シンプル/1GB)」で4,514円(税込)。ドコモはまだ分離プランに移行していませんから最低維持費も高額になっています。ただしシェアパックの子回線に入っていれば1,924円で維持が可能です。

オススメ機種:iPhone XS(月々サポート)

  • おトク度 
  • 難易度  
  • 月額維持費 0円〜(シェア子回線の場合)
  • 端末価格 一括3万円〜(未確認情報)

月々サポート対象機種であれば端末を一括購入できれば「月々サポート」額が月額費用から割引になります。

例えばiPhone XS 64GBの場合だと月々サポート額は2,457円にもなりますから月額維持費は2,057円。シェアパック子回線の場合はなんと0円(実際はユニバーサルサービス料2円)&親回線から533円割引となる「親孝行回線」が完成します。

ですが、iPhone XS 64GBの本体価格は128,952円ですから、一体これがいくらになるんだ?という話になります。

噂レベルではありますが某ドコモショップで一括5万円とか3万円とか、そんな話を聞くことができますので運良くこういった条件が見つかればラッキー、と言えます。

ただしXSクラスのMNP案件は併売店(街のケータイショップ)では皆無。大手キャリアショップがターゲットとなりますが、昨年末からキャリアショップの安売りツイートは全く見なくなってしまいました。

絶滅危惧種並みにレアな案件となっていますので難易度はかなり高め。エキスパートクラスの情報収集力と行動力が必要ですね。

オススメ機種:iPhone XR/X/8(端末購入サポート)

  • おトク度 
  • 難易度  
  • 月額維持費 1,924円〜(シェア子回線の場合)
  • 端末価格 一括0円(+CB)

ドコモはこの春商戦に向けて主力機種を「端末購入サポート」対象機種として、大幅に端末価格を割引きました。iPhoneではXや8の他に現行機種であるXRもラインアップ。大変おトクになっています。

ただし月々サポートはつきませんから維持費は4,514円(1,924円:子回線)のままです。

「端末購入サポート」はドコモ本体の施策となりますので併売店や家電量販店でも容易に特価を見つけることが可能です。ドコモの場合はコンテンツや条件がゆるい傾向にあるので安心してオススメできる案件と言えます。

特にiPhone Xの在庫を持っているのはもうドコモだけのようです。XSと同じ外観で安いので(もちろん性能も○)オススメです。

参考までにこの週末(2/9〜11)の某併売店でのツイートを貼っておきます。このあたりの条件を基準として探してみてください。

学割適用なら13ヶ月間302円で維持可能!

ドコモの学割は25歳以下の方が対象。加入月から13ヶ月間1,500円(税別)の割引が適用になります。ちょうど「端末購入サポート」の契約縛りと同じ期間になりますので、13ヶ月後にdocomo with機種に端末一括で機種変すれば、そのまま1,500円(税別)の割引が引き続き受けられます。ま、その時にdocomo withの条件がどうなってるのかわかりませんがね。

さらに同一シェアグループのご家族にも2,500ptのdポイントが進呈されます。

ドコモは仲良し家族向け

今回、最低維持費で比較していますが、今のドコモのおすすめはひとつのパケットを分け合う「シェアパック」です。

ひとりがパケット使いすぎたりすると家族内でひんしゅくを買う恐れもありますが、田舎の祖父母や親戚まで巻き込んで、例えば50GBを10回線でシェア(ウルトラシェアパック50)すれば、ひとりあたり5GB平均使えてパケット代込みの月額は3,596円。ここからさらに長期契約や光回線のセット割が加われば、格安SIM並みに安くすることも可能です。

ただ、家族全員の同意(と理解←ここが大変!)が得られないとこんなの実現難しいので、実際には2人から4人の家族でシェアするのが現実的。

この春には分離プラン移行でもっとシンプルなプランになるらしいので、そこに期待したいですね。

とんじる
ドコモはシェア回線で維持できる仲良し家族にオススメです

 

auの場合

auはすでに分離プランである「auピタットプラン/フラットプラン」に移行済みですので、月額維持費としては2,138円が最安となります。ただし2年目以降は3,218円、auスマートバリュー適用外の場合はさらに1,080円が加算されます。

オススメ機種:iPhone XR/8

  • おトク度 
  • 難易度  
  • 月額維持費 2,138円〜(1年間)
  • 端末価格 分割数千円+CB

auのiPhoneでこの時期お買い得となっているのはiPhone XRとiPhone 8です。まずは先ほどのドコモのように、併売店のツイートを見てみましょう。

auの場合ドコモに比べてちょっと注意が必要です。まずこのツイートでもあるように「実質○円+○万円還元」といったちょっと見慣れない価格表記があります。

このツイートを参考にお話しすると、このお店ではiPhone XR 64GBが「6,600円の分割に38,000円のキャッシュバック」で購入できる、と。

6,600円の分割とは「6,600円を48回払いの分割で契約する」ということになりますから毎月の支払額は137円笑。なんとアップグレードプログラムの利用料(380円/月)の方が高いという本末転倒ぶり。。。

なんでこんなことになっているかというと、おそらくキャリア本部から販売店に対するインセンティブ(報奨金)の条件に「アップグレードプログラム加入」が入っているのかと推察されます。だから毎月の支払いが100円以上になる金額設定で、48回分割を組ませる、ということかと。

なので元金6,600円を48回もかけて律儀に分割で支払う必要なんかなくて(手数料の方がはるかに高いし)、契約翌月には残債を一括清算できるはずです。お店によってはキャッシュバックが入金されるまで、とか条件付けられることもあるかもしれませんので、販売店に確認してみてください。あくまで分割で「契約させる」のが条件なので、あとはご勝手に、ということかと思います。

端末代金を清算したらSIMロック解除も可能になります。ただし「端末購入サポート」が効いている場合(auの場合はあり/なし両方あるみたい)は101日後にロック解除可能です。

端末価格を一括で清算しても差し引き3万円以上のキャッシュバックがもらえるわけで、これはドコモよりも条件よさそうですね!?

auは条件きつめ

だ、け、ど。

さっきドコモの説明のとき言いました「ドコモの場合はコンテンツや条件がゆるい傾向にある」。

はい。auはドコモより条件きついです。きついというよりも「見栄えよく見せがち」という感じ。

実はキャッシュバック額を満額で得るには、さまざまな条件を満たす必要があるんです。

まずは「auスマートバリュー」の加入(すでに加入済みでも可)はかなりの確率で必須。家のネット回線とのセット割のことなんですが、これなしだとキャッシュバック減額になるケースが多いです。ネット回線の入れ替えって結構ハードル高いですよね(「固定代替」とか裏テクみたいなのもあるんですが、その辺はまた今度)。

あとは下取り価格がコミになっているケースも多いです。下取りに出す端末が古かったり状態が悪すぎたりするとこちらも減額。あとはクレカ決済とかなんとか、かんとか。

そうやって差し引いていくとキャッシュバックがどんどん減っていって「なんだかなあ」って感じちゃうんですが、それでもタダで端末手に入るんですから。まあ、ね。

とにかくツイートをよく読んで、ショップのHPも確認してみてから突撃、が吉です。

auの学割は3ヶ月0円から!家族も対象!

そしてauにも当然学割があるのですが、ドコモやソフトバンクが本人のみ対象なのに対し、auは同時に機種変更、新規契約を行った家族に対しても割引が適用になります。その額は3ヶ月間1,980円(税別)。auピタットプランが0円スタートとなります。本人だけじゃなく家族もなんですね。

さらに学割のみの5GB定額プランが選べたりと、今年のauの学割はなかなか奥深いw

auのよさはプランの豊富さ

今回はピタットプランの最低維持費で計算しましたが、auは家族それぞれ違ったプランを選べるのが特徴。「ピタットプラン」は1〜3GBのライトユーザー向け、それ以上は20GBまで使える「フラットプラン20」などの定額プランが用意されています。フラットプランになると月額としては4,000円〜(初年度)。絶対的な価格で格安SIMには及びませんが、端末がタダで手に入ってキャッシュバックまで付くとなれば話は別ですよね。

このように、auはいろいろ条件ありますが、それをクリアすることで月額負担も少なくキャッシュバックももらえるという、なんとも攻略しがいのあるキャリアなのです。

ですが攻略にはそこそこ知識が必要なので、難易度はとしました。

とんじる
auの攻略法については後日また記事にさせていただきますね

 

ソフトバンクの場合

オススメ機種:iPhone 8

  • おトク度 
  • 難易度  
  • 月額維持費 2,138円〜(1年間)
  • 端末価格 分割(定価)+高額CB/一括5,000円〜

ソフトバンクのお買い得機種はiPhone 8となります。iPhone XRも一時出てきていたのですが今は見当たらなくなりましたね。

ソフトバンクもau同様分離プランに移行済み。最低維持費は「ミニモンスター」契約で「おうち割光セット」「1年おトク割」適用の場合で2,138円となります。

ソフトバンクは3キャリアの中でも最もツイッター規制を早く始めたキャリアです。

なのでツイッター上には具体的な価格があまり載っていません。「お問い合わせ下さい」であったり、ショップのHPに行って初めて価格がわかるというような。

そういうわけで具体的な価格をこのブログで申し上げることは難しいのですが、ソフトバンクの場合は毎度おなじみのネット代理店「おとくケータイ」「ケータイ乗り換え」があります。コンテンツの加入やネット回線などの契約条件もないので、条件軽くてオススメです。

ちょっと調べてみましたが、「おとく」さんや「乗り換え」さんより条件のいいショップは探せば見つかります。見つかりますけど正直あまり変わりません。

なのでこのブログで紹介している最新のキャンペーン情報(下記の記事ご参照ください)をチェックして、街でそれよりいい条件が見つかれば突撃、でもいいですが、やっぱりオススメはネット代理店です。休日潰さずに済みますから。

【6/24更新!】6/30(日)まで!おとくケータイとケータイ乗り換えのキャッシュバックキャンペーンを比較してみた

ども、とんじるです。ぶっひん。 【6/24更新!】6/30(日)まで!ソフトバンクへ乗り換えで最新スマホがおトクに買えることで有名な「おとくケータイ」と「ケータイ乗り換え」のキャンペーン内容を毎週比較 ...

続きを見る

「ネット代理店なんて怪しい」と不安な方は下記の記事も参照ください。とんじる自身が契約した時の話です。

【来店も郵送もOK】「ケータイ乗り換えドットコム」に行って契約してみた件

ども。とんじるです。ぶっひん。 他社からソフトバンクスマホに乗り換えを検討していて「ケータイ乗り換えドットコム」が気になっている、という方も多いんじゃないでしょうか?「ネットでの評判だけではわからない ...

続きを見る

ソフトバンクの本懐は大容量プランにあり

今回は最低維持費で比較しているので「ミニモンスター」で月額維持費を計算していますが、ソフトバンク大容量プランの「ウルトラギガモンスター+」を中心に、家族4人で使い倒すのが正しい使い方です。

家族4人で加入すれば50GB&エンタメ放題が最安3,758円(1年間:おうち割光セット適用時)で使えるという、なんとも破壊力抜群なプランです。月50GBも3GBも同じ価格、というところに「ちょっとうまいことやられてるんじゃないか」と訝しがるとんじるもいるのですが、「ま、いっか」とも思える潔さですね。

「おとく」さんや「乗り換え」さんでも「ウルトラ」契約で好条件を提示していますので、ライトユーザーさんも少なくとも当初数ヶ月は「ウルトラ」で契約したほうがよさそうですね。

【2/26追記】

2月末までのキャンペーンでiPhone 8がキャッシュバック10万円!Yahoo!携帯ショップのキャッシュバック施策も併用できるのでなんと111,000円の高額キャッシュバック中です!この条件ならうまいことやれば、おひとりさまでも「ウルトラギガモンスター+50GB」が端末込みで実質3,480円/月も可能かも?っていう記事を書きました。

とんじる
結構トリッキーな内容ですがご興味のある方はご一読下さいませ。
【3月限定】ソフトバンク「50GB+iPhone8端末代込み」で月2,980円?嘘のような秘策を大公開!

ども、とんじるです。ぶっひん。 ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は50GB/月の大容量に加え主要な動画/SNSサービスが無制限。しかもそれが3,480円/月から使えるという鬼プランなのですが ...

続きを見る

 

ソフトバンクは学割も「ウルトラ」推し

ソフトバンクの学割もau同様「3ヶ月無料型」です。対象年齢は25歳以下の方。「ウルトラギガモンスター+」の月額基本料から4,500円を、「ミニモンスター」の月額基本料から2,980円をそれぞれ3カ月間割り引くキャンペーンです。「1年おトク割」や「みんな家族割+」(対象の家族が4人以上の場合)などの各種割引サービスと組み合わせることで、学生の方は「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」が、3カ月間基本料0円で利用できます。

3ヶ月無料で使い倒して、学割期間が過ぎたら「ミニモンスター」にプラン変更することで、おトクに使い続けられます。。。って、そんなこと無理!っていう声が聞こえそうですが、はい。たぶんそれが孫会長の狙いです。

 

今回のめるまえポイント(まとめ)

それでは今回のめるまえポイント(まとめ)です←最近やってなかった

  • ドコモはシェアパックで家族仲良く
  • auは家族それぞれの事情に合わせたプランを選択可能
  • ソフトバンクは大容量プランを4人家族で使い倒す

3キャリアの端末購入価格の相場観と最低維持費について比較したつもりでしたが、実は各社の差が出てきたのは上記のような「プランに対する考え方」でした。

各社「家族揃って」「ネット契約込み」で加入することでメリットが出てくるという点では共通していますが、「家族シェア」「プラン選択肢」「大容量」と方向性は明確に差別化されてきています。

端末価格でいえばドコモが無理なく「一括0円」を実現しているのは、やはり分離プラン前だからでしょう。au,ソフトバンクも対抗して頑張って値引きしてくれている印象ですね。

ここに格安SIMも加わっての戦国絵巻。やっぱりMNPって面白いんだよなぁ。というのが今回の感想です。

というわけで、次回は「auの攻略法」か、はたまた「格安SIMでiPhone買ったらどうなる問題」か?

話題は尽きませんね。がんばって記事書きます。

リアル仕事相当忙しいんで更新疎らになってますが←言い訳

そんじゃまた。ぶっひん。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-au, docomo, iPhone, softbank, モバイル

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.