さいたま 日々雑感

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-」見てきたよ

投稿日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

いやあ、暑いですねえ。こういうときは涼しい屋内施設のイベントに限りますね。というわけで、とんじるの地元さいたま市にある、埼玉県立近代美術館で開催されている「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-」に行ってきましたよ。

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-

『YAWARA!』『パイナップルARMY』『MASTER キートン』『Happy!』『MONSTER』、『20 世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』など、これまでに発表された作品のすべてが代表作と言っても過言ではない、漫画界の鬼才、浦沢直樹。スポーツ、SF、ミステリーなど手がけたジャンルは多岐にわたり、卓越した画力と巧みなストーリー展開で、多くの読者を引き付け、魅了してきました。

そんな浦沢直樹の「描いて描いて描きまくる」創作活動の全貌をご紹介する展示会が、埼玉県立近代美術館で開催されています。『MONSTER』第18 巻(最終巻)一巻丸ごとをはじめとする直筆原稿のほか、ストーリーの構想メモ、秘蔵のイラストやスケッチ、そして少年時代の漫画ノートに至るまで、膨大な数の手稿を通して、そのペン先に込められた圧倒的な熱量を体感できるイベントです。

開催概要

会期 2018年7月7日 (土) ~ 9月2日 (日)

休館日 月曜日(7月16日、8月13日は開館)

開館時間 10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料 一般1,100円 (880円)、大高生880円 (710円)
※( ) 内は団体20名以上の料金。
※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※併せてMOMASコレクション (1階展示室) もご覧いただけます。

とんじる
さいたま市民のパパさんママさんは「パパママカード」を見せると団体料金で入れますよ。

関連イベント

当館スタッフによるギャラリートーク
当館スタッフが展覧会の見どころをご紹介します。
日時:7 月28 日(土)15:00~(30 分程度)
場所:2階展示室
費用:企画展観覧料が必要です。

『夢印-MUJIRUSHI-』発売記念・浦沢直樹サイン会 開催のお知らせ
最新作『夢印-MUJIRUSHI-』のコミック発売にあわせ、浦沢直樹氏によるサイン会を開催いたします。
日時:8月12日(日)13:00~と、16:00~(開場はいずれも15分前)
場所:埼玉県立近代美術館 2階講堂
定員:各回50名
参加条件:サイン会当日に、埼玉県立近代美術館2階特設ショップで、『夢印-MUJIRUSHI-』豪華版(税込2,916円)をお買い求めの方。

とんじる
サイン会の詳細・事前申し込みは下記のリンクからお願いします

埼玉県立美術館「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-」

【スライドトーク】

ご希望のグループにスライドを使って本展覧会の見どころをご案内します (予約制)
実施日:開館日の火・水・木・土曜日(その他曜日は応相談)
お問い合わせ・ご予約は教育・広報担当 (電話048-824-0110) まで。

とんじる
サイン会はWebから事前申し込みが必要ですよ

 

行ってみてどうだった?

行ってみた感想ですが、あまり詳しくは述べません。ご自分で行って見てみてください。「MONSTER」最終巻1本分を原画で読み返せるなんて、ああ、なんて贅沢なひととき。

あとは幼少期の作品(なんと小2から!)も展示されてるんですが、これもすごい。この頃から手塚治虫作品の影響をビシビシ受けているのがわかります。

館内にはいくつも撮影OKスポットがあるので、ここでは写真バンバンとってしまってくださいね。

※このブログに掲載した写真はすべて撮影可能スポットで撮影したものです。

埼玉県立近代美術館について

このイベントの行われている埼玉県立近代美術館は、JR京浜東北線北浦和駅西口から徒歩3分の北浦和公園の敷地内にあります。

建物の設計は建築家 故 黒川紀章さん。建物自体が芸術作品といっていいでしょう。「椅子の美術館」とも言われている通り、館内至る所に、有名建築家やデザイナーの設計した椅子が展示されていて、これらは実際に座ることもできます。

というわけで浦沢直樹展。9月2日まで開催されてますから、夏休みの予定に加えても良いんじゃないでしょうか。

そんじゃまた。ぶっひん。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-さいたま, 日々雑感

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.