Android softbank スマホ

【ソフトバンク専売!】AQUOS zero(あくおすぜろ)発売!性能も!価格も!キャッシュバック情報も!

更新日:

シャープから発表された世界最軽量の6.2インチスマホ「AQUOS zero(あくおすぜろ)」。ようやく本日12月21日より発売となりました。シャープとしてかなりの意欲作でしかもソフトバンク専売!性能も価格も気になるこの一台。性能、価格、そしてキャッシュバック情報もまとめてお知らせですぞ!

 

AQUOS zeroとは?

AQUOS zeroは、シャープのスマートフォンとして初の有機ELディスプレイを搭載した、まったく新しいAQUOSの新シリーズです。6インチクラスのスマホとしては世界最軽量となる146gという超軽量ボディを身にまとっての登場です。

シャープは「AQUOS Rシリーズ」「AQUOS senseシリーズ」というふたつのブランドラインアップに集約して、それぞれハイエンド、ミドル&ローエンドという個性を持たせて日本のスマホ市場に製品展開してきていました。

そのコンセプトが受け入れられて、昨年はAppleに次ぐ国内シェア2位の座を射止めることに成功しました。

そのシャープが、さらなる市場拡大を目指して、AQUOS Rのさらに上をいくシリーズと位置付けて市場に投入したのが今回のAQUOS zeroとなります。

 

AQUOS zeroのスペック

AQUOS zero仕様
サイズ約 幅73mm×高さ154mm×厚さ8.8mm
重さ約1約146g
OSAndroid™ 9.0
CPUQualcomm® Snapdragon™845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア
メモリROM 128GB(UFS Type )/ RAM 6GB
バッテリー3,130mAh
ディスプレイ約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
カメラアウト:約2260万画素 CMOS
イン:約800万画素 CMOS
とんじる
やはり6.2インチで146gという軽量がすごいですね

AQUOS zeroをMNPでおトクにGET!

AQUOS zeroの特長

それではきになる製品特長をひとつひとつ見ていきましょう。

とんじる
画像は全て公式スペシャルサイトからお借りしてきました

こだわりの素材で世界最軽量と強度を両立

世界最軽量を実現させるために、有機ELに加えてアラミド繊維の背面パネルとマグネシウム合金フレームを採用しました。徹底した軽量化と強度を兼ね備えた構造のようですね。

メモ

アラミド繊維【アラミドせんい】
芳香族ポリアミドを使った高分子繊維。ポリアミドとは,分子内にアミド結合(−CONH−)を持つ高分子の総称で,この繊維は脂肪族ポリアミド(ナイロン)と区別するために名付けられた。従来の繊維に比べ,引張強度,弾力性,耐熱性に優れる。代表的存在であるデュポン社(デュポン財閥)のケブラー(商標)は,スチール繊維の7分の1,ガラス繊維の2分の1の重量で,同程度の引張強度を持っている。防弾チョッキなどの特殊な用途だけでなく,ヘルメット,ラジアルタイヤのタイヤコード,ロープなどに使用される。
出典 株式会社平凡社百科事典マイペディア

とんじる
「ケブラー」のことか。なるほど。

AQUOS zeroをMNPでおトクにGET!

有機ELで独自のラウンドフォルムを実現

造形自由度の高い有機ELの特性を生かした独自のラウンドフォルムを採用。パネル全体が緩やかにラウンドする独特の形状を実現しています。

持ちやすさを意識した「くぼみ」のある形状

本体側面にはわずかなくぼみのある形状を採用している模様。持ちやすさを意識した形状のようです。

有機ELは自社製!独自技術で高画質を実現

AQUOS zeroに搭載されている有機ELディスプレイは、6.2インチ/解像度2,992×1,440ドット(WQHD+/19:9)。100万:1の高コントラスト比と、DCI-P3規格100%の広色域を実現しています。しかもどうやら自社製!の様子。これまでスマホの有機ELディスプレイはLGやサムスンといった韓国勢が席巻していましたが、ここにきて満を持しての投入。力入ってますね。

さらに、AQUOSおなじみの高画質化技術である「リッチカラーテクノロジーモバイル」による滑らかな階調表現や豊かな色調で、高画質な映像体験を得られうようです。

そして、HDR映像技術である「Dolby Vision」と、立体音響の「Dolby Atmos」に対応。シーンに合わせたリアルな映像と没入感のある音を楽しめるそうです。ちなみにスピーカーはステレオです(じゃないと無理か)。

パフォーマンスは第一線級!

CPUはSnapdragon 845。RAM6GB/ROM128GBのハイスペックです。外部ストレージには対応していないのがちょっと残念。でも845 にメインメモリ6GBなら、最新ゲームでもサクサクかと。

とんじる
プロモーションビデオでも「鉄拳2」や「ミリシタ」といったゲームタイトルが一瞬映ってますね。

速いタップにもしっかり対応したタッチチューニング

独自のタッチチューニング技術と、ディスプレイの湾曲した形状が指の動きにマッチするので、タッチ抜けで困ることがなくなるのだそうです。

AQUOS zeroをMNPでおトクにGET!

2,260万画素広角メインカメラ

アウトカメラは2,260万画素、レンズはひとつ。流行りのマルチレンズには対応しなかったようですが、レンズの数は写真の良し悪しには必ずしも影響しないです。手ブレ補正付き、4K動画も撮影可能です。インカメラは800万画素と必要十分レベル。最近はインカメラ重視のスマホも多いですがこの辺は割り切りを感じますね。

とんじる
「どーせおまいら自撮りしねーだろ」と言われているようで逆に清々しいw

防水・おサイフケータイ対応

IPX5/8の防水とIP6Xの防塵性能を持っていますが耐衝撃には未対応。このデザインでは仕方ないですね。フルセグ/ワンセグは未対応、おサイフケータイには対応しています。



ソフトバンク専売!気になる価格は?

というわけで、発表時にけっこう話題にはなったのですが、このモデル、ソフトバンク専売です。これだけの意欲作なので他のキャリアでも扱ってほしいところではありますがこの辺は「大人の事情」でもあるんでしょうね。

気になる価格ですが、一括購入の場合99,840円(税込)。最近10万円超えの端末が多くて麻痺してきてますが、それなりに高額ですね。

24回払いの分割で4,160円/月、48回では2,080円/月となります。

 

年末の今ならMNPでおトクにGET?

ソフトバンクは分離プランに完全移行してしまいましたので端末購入補助はありません。なのでMNPでのキャッシュバックに期待したいところですが、ソフトバンクはTwitterなどで安売りの告知をすることを禁じていますのでなかなか情報が手に入りません。

なのでこのブログでは「おとくケータイ」や「ケータイ乗り換え」といったネット代理店での購入をオススメしています。この2社なら実績も豊富ですので安心して契約できますよ。とんじるも「ケータイ乗り換え」さんにお世話になってます。

【来店も郵送もOK】「ケータイ乗り換えドットコム」に行って契約してみた件

ども。とんじるです。ぶっひん。 他社からソフトバンクスマホに乗り換えを検討していて「ケータイ乗り換えドットコム」が気にな ...

続きを見る

最大91,000円キャッシュバック?!

そして今は年末!1年でいちばんケータイが安く買える時期と言って過言ではありません!

「おとくケータイ」「ケータイ乗り換え」でも年末キャンペーン中!他社から乗り換えで70,000円のキャッシュバック実施中です!しかも複数台契約なら80,000円/台!さらにソフトバンク携帯ショップのキャンペーン併用で11,000円加算。合わせて最大91,000円の超高額キャッシュバックです!

AQUOS zeroはこのキャンペーン対象機種には入っていないのですが(←なんだよ)きっと相談には乗ってくれるはずです。

キャッシュバックをもらうにはキャンペーンコードが必要です。最新のキャンペーン情報は下記の記事にご紹介していますのであわせてご覧ください。

おとくケータイとスマホ乗り換えのキャッシュバック情報!そして7つのオススメ理由!
【12/1更新】2万円の上限解除?おとくケータイとスマホ乗り換えのキャンペーン比較!

「おとくケータイ.net」「スマホ乗り換え.com」の最新キャッシュバックキャンペーン情報発信中!通信事業法改定で端末値 ...

続きを見る

というわけで、ソフトバンク専売のAQUOS zero。かなり魅力的な一台であることは間違いなしです。

回線障害やHUAWAIのインフラ関連、株価公開直後に下落といいことなしのソフトバンク。この機種の投入で起死回生の逆転となるでしょうか?(なるわけないか…)

そんじゃまた。ぶっひん。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Android, softbank, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.