Android softbank スマホ

【まとめ】SoftbankへMNP乗換で、結局収支はどうなったのか?

更新日:

ども、とじるです。ぶっひん。

今回、とんじるは「ケータイ乗り換え.com」でソフトバンクへMNPしました。素直にMNPしただけじゃなくてその後なんかいろいろやってしまったおかげで、収支が結局どうなったのか自分でもわけわからなくなってしまったので一度整理したいと思います。最終的には自分の好きな端末でキャリアプランを激安維持できたので、感覚的な満足度は高いのですが、いったいいくら掛かってどれだけおトクになったんでしょうか?ドキドキのご報告。

 

今回のMNPの経緯

まずは今回のMNP、そしてその後の動きについて経緯をご説明します。ソフトバンクへのMNPを通じていくつか確かめたいこともあったので、いろいろ試してみちゃいました。正直無駄な動きもあるんですが「こういうこともできるんだ」ということで参考にしていただければ幸いであります。

「スマホデビュー割」でソフトバンクへMNP

今回「スマホデビュー割」が終了するとあって、そのキャンペーンをみなさんにご紹介しているうちに自分も欲しくなってしまったわけですが、とんじる自身のの契約回線が違約金なしで転出できるのはまだ先。中途解約の違約金を支払ってもペイできるのかが気になるところであります。

お金の面は最後にまとめますが、そもそも「スマホデビュー割」には適用条件というものがあって、それをクリアしなければならないわけです。大前提として「スマホデビュー割」はガラケーユーザーに対する施策なので、普通に契約するとスマホユーザーは適用外。そこを突破できるかどうかがひとつめのチャレンジなわけです。この辺、ここでは詳しく述べられませんがいろいろありましたので、詳しくは過去の記事ご参照ください。

「ケータイ乗り換えドットコム」でスマホデビュー割/HTC U11を契約してきたよ

契約したSIMを今までの端末に差してみる

無事ソフトバンクへMNP転入できたわけですが、今回欲しかったのは格安維持できる回線で、特に端末はなんでも良かったわけです。契約したSIMを今の端末( SIMフリー機)に差して使えれば、今まで通りの環境で使い続けられるわけで。

ただここで、ある噂が頭をよぎります。「ソフトバンクのAndroid SIMは他社端末で使えない」と。で、実際どうだったかというと「半分本当」でありました。何が半分かというと「通話はできるけどネット接続はできない」ということです。このあたりの経緯も過去記事に詳しくのせていますので参照ください。

「SoftBankのAndroid SIMは他社SIMフリー端末で使えない」は本当か?

もともと今回のプランではネット接続はスマホではやらないでWi-Fi運用してみようと思っていたので、これは想定の範囲内。通話さえできればいいのでしばらく今の端末に差して使ってみました。

しばらく一応想定通りの使い方はできていたのですが、気になるところがあって「なんか電波の掴みが弱い」。これは端末との相性もあるかもしれませんが、他にも理由がありそうでした。それは「通話ができる」というのが本来のVoLTE(4G/LTEによる通話)ではなく3G(ガラケーの通話)で接続しているためではないかと。一応3G電波も掴むけれどもそれ専用にチューニングされているわけではないので、地下や山間部(試してないですが)では繋がりにくいことが想定されます。

これは先行き不安。この先3Gは停波の方向ですから、2年間使うには心もとないですね。というわけで、素直にMNP機種変したHTC U11にSIMを差して、これから2年間よろしく。とすればよかったのですが、ここでもうひとつ試してみたいことがあったわけです。

とんじる
こうなるともうヘンタイ、いやタイヘンです

ソフトバンクの白ロムを買ってSIMを差してみる

さあ、「ソフトバンクのAndroid SIMは他社端末で使えない」のなら、ソフトバンク同士ならどうなのか、と気になってしまいました。ソフトバンクのサイトをみると、SIMの種類が幾つかあって、同じ種類のSIMを使った機種同士なら大丈夫そうです。

HTC U11とSIM互換のある機種

Xperia™ XZs、HTC U11、AQUOS R、Xperia™ XZ、STAR WARS mobile、AQUOS Xx3 mini、Xperia™ X Performance、AQUOS Xx3

ということでソフトバンクの白ロム(未使用の中古品)をネットで探します。上記のモデルだけじゃなく、もうちょっと新しい端末も大丈夫だろう、と勝手に判断して、ゲットしたのがHUAWAI Mate 10 Proさんであります。この端末、SIMフリーモデルが有名ですが、今回はSoftbankモデルを探します。なので型番「703HW BLA-L09」で検索。結構レアです。

そしてゲットしたMate 10 ProにSIMを差して動作確認。全く問題なし!ということで無事お気に入りの端末も手に入れることができました。この辺の顛末は下記の記事ご参照ください。

【実験】ソフトバンクのスマホ同士ならSIMの流用は可能なのか?Mate 10 Pro(703HW)を白ロムで買って試してみた。

HTC U11さんとサヨナラする

これで一通りの実験が済んで、格安キャリア回線とお気に入りの端末をゲットできました。ただ結構お金使っちゃった気が。なのでとても残念ではありますが、手元に残った(まだ未使用の)HTC U11さんとはお別れすることにしました。端末としてはいいものだと思います。U11さんにはなんの罪もないのですが、これはもう相性とかそういう感覚の問題。フィーリングとか大事でしょ?

なのでせめてもの礼儀として(決して高値で売りたいとかでなくw)フィルムも剥がさないキレイな状態でサヨナラさせていただきました。どうか良い方に買っていただけますよう(かなり勝手な言い分)。

【下取より買取?】いらなくなったスマホをムスビーに買取り依頼をしてみたの巻



【収支】結局いくらかかって維持費はいくらになったのか?

それでは収支について検証してまいります。ドキドキ。

まずはこれからの維持費がいくらになるのか?これは過去の記事に試算が載ってますのでそのまま掲載します。

月額維持費

HTC U11 端末代金 一括10,000円
5分かけ放題1G/5G/20GBGプラン価格
通話し放題ライト1,836円
WEB使用料324円
データ定額パック3,132円(1GB)5,400円(5GB) 6,480円(20GB)
スマホデビュー割▲2,614円
特別割引▲1,930円(24ヶ月)
下取りプログラム▲200円(24ヶ月)
合計548円2,816円3,896円

1GBなら548円、5GBのプランで3,000円以下、20GBでも4,000円を切る金額になりました。今月までは20GBプランでやってみて、様子を見ながらプラン変更したいと思います。

とんじる
月額費用としては大満足!

初期費用

続いてMNPするにあたってかかった初期費用です。まずは契約当初、ショップと約束したプランやオプション費用です。

項目初月2ヶ月目3〜24ヶ月目
通話料1,652円(17日分)2,916円1,836円
WEB使用料184円(17日分)324円324円
データ定額パック3,672円(20GB/17日分) 6,480円(20GB)3,132円(1GB)
スマホデビュー割▲2,614円▲2,614円▲2,614円
特別割引▲1,930円▲1,930円
下取り(ガラケー)▲200円▲200円
合計2,894円4,976円548円

初月は日割り計算、2ヶ月目も通話プランが無制限になっているだけなので、当初2ヶ月分を慣らすと、3ヶ月目以降(20GBプラン)とほぼ変わらぬ維持費で済んでいます。加入したオプションも30日間無料で、無料期間中に解約OKだったので0円。結果、上記金額は初期費用としては無視して良いレベルと判断します。

そしてMNPにかかった費用です。

項目価格
MNP転出手数料(UQ)3,240円
中途解約違約金(UQ)10,260円
新規事務手数料(SB)3,240円
端末代金(HTC U11/一括)10,000円
端末代金(Mate 10 Pro/白ロム)57,000円
端末買取(HTC U11/ムスビー)▲30,500円
合計53,240円

うーん。やっぱり最後の白ロムの動きが余計でしたか…。素直にU11使っていれば26,740円ですからね。

でもMate 10 Proをキャリアプラン20GB/4,000円以内で使えて初期費用5万円台なら「SIMフリー+格安SIM」よりコスパは高いと思うんですが、どうでしょうかね?

とんじる
思ったよりお金かかっちゃったけど、まあいいや。楽しかったし

 

今後検討すべきこと

現状の収支としては以上ですが、まだできることはあると考えています。

ひとつは、まだ手元にもう1台端末があるということ。今まで使っていたGalaxy S7 Edgeをサヨナラすれば2万円くらいにならないかな?と画策。

あとは家のインターネットがフレッツ光なので、これをSoftbank光かEURO光にすれば、月額さらに1,000円下げられますね。とんじるの住むマンションはEURO入ってないんですが、近々入れられるか試験してみる、なんて話もあるので期待して待っているところです。

とんじる
EURO光はマンションより戸建の方がオススメですがね

今回のめるまえポイント(まとめ)

ということで今回、いろいろな疑問に答えを出しながら動いた結果、こういうことになりました。かなり面倒臭い(特に後半)ことになりましたのですべてをオススメするわけではありません。正直「格安SIMの方が安いじゃん」という感想を持たれ方かも多いかと思うんですが、工夫次第では大手キャリアでもここまで安くスマホを使える、という実践にはなったかと思います。

携帯業界の状況は刻々と変わってきています。事実、今回使った「スマホデビュー割」はもうありません。私の手法や情報が今後ずっと有効かというと、決してそうではないと断言できます。何がおトクなのかはその時々、みなさんの現状、使い方など条件によって異なってきます。

それでも、少しでもみなさんのお役に立てる情報があれば、これからもどんどん発信していきたいと思っています。

ほんとはスマホ以外のテーマも書いていく雑記ブログなんですが、業界の動きが早すぎてそれをフォローするのままならない状況。当面はスマホ関連の話題中心になるかと思います。

とんじる
それでもauとか格安SIMとか、全然情報発信できてない…。

ケータイ業界のすべてを網羅するのは無理なので、とんじる的には大手メディアが書けないような「狭くて深い」情報発信ができればと考えています。

更新情報はFacebookとTwitterでお知らせしています。下記のリンクからフォローいただければありがたいです。また、スマホ料金に関するご相談も承ります。お問い合わせフォームからコメントいただければメールにてお返事させていただきます。

というわけで、ここ最近の記事と自分自身の動きをまとめさせていただきました。これからもがんばって更新していきますのでよろしくです。

そんじゃまた。ぶっひん。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Android, softbank, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.