写真AC

スマホ

【下取より買取?】いらなくなったスマホをムスビーに買取り依頼をしてみたの巻

投稿日:

ども、とんじるです。ぶっひん。

スマホを機種変更したとき、古くなったスマホってどうしますか?最近はキャリアの下取りプログラムが充実しているのでそれを利用するという方も多いかと思いますが、場合によっては買取業者に買い取ってもらったほうがおトクなケースもあるかもですよ。今回は、実際にスマホを買取査定してもらったので、そのレポートをお届けします。

下取りと買取り、違いは何?

実際の話、下取りと買取り、どっちがおトクなんでしょうか?違いはいったいどこにあるんでしょうか?

一番大きな違いは

  • 下取り:古い端末→新しい端末
  • 買取り:古い端末→お金

というところ。下取りはあくまでキャリアが端末価格を引き下げるための手段なので、当然ながら端末代金(や月々の利用料)に充当されるのに対し、買取りはお金に単純に変わりますので、その使い道は自由、ということになります。

あとは、下取りの場合はあらかじめ機種によって下取り金額が決まっていますので

  • 下取り:基本的に端末本体があればOK。傷や汚れはあまり関係なし
  • 買取り:端末のコンディションで価格が左右される。付属品や箱がないと減額

というような違いがあります。キャリアの下取りは値引き施策のひとつなので、非常に価格設定もシンプル。逆にあまりそこに労力をかけたくない、というキャリア側の事情も透けて見えますね。

それに対し買取りの場合は端末コンディションによって価格が大きく変わりますので、面倒といえば面倒ですが、たとえば本体メモリの容量の違いや箱や付属品の有無など、しっかり査定してくれますので、丁寧に使われていた端末や人気の機種はそれなりに高額な査定がつくことも多いです。

ということで、とんじる的には

とんじる
下取りに出す前に、買取り査定をしてもらおう

ということをオススメします。

 

買取り査定はどこに出せばいい?

それでは買取りの査定をしてもらおう、ということになった場合、いったいどこに出せばいいのでしょうか?

大手家電量販店やブックオフなどの中古販売店の店舗に持ち込めば、いつでも査定はしてもらえますが、査定された金額が安いのか高いのかなんてわかりませんよね?せっかくお店まで持って行ったのに、期待より安い金額を言われてがっかり、なんてケースも多いことでしょう。

できればネットで手続きが完結して、さらに複数のお店の査定額が比較できればうれしいですね。

そんなときにオススメしたいのが「ムスビー」です。


ムスビーとは?

ムスビーとは、株式会社ウェイブダッシュが運営する、白ロム専門のフリマサイトです。白ロムとは、SIMの入っていない本体のみの端末のこと、まあ中古品といって問題ないでしょう。

ムスビーの特長は通常のネット通販サイトではなく「フリマサイト」を名乗っているということ。つまり運営元のウェイブダッシュは直接販売を行わず、スマホを売りたい人と買いたい人を橋渡しする立場に徹しているということです。「メルカリ」なんかと同じようなサービスと考えていいです。

ただしメルカリが個人対個人をベースとしているのに対し、ムスビーに出品しているのは個人ではなく法人の中古販売店であることが多いです。なので実際にはフリマという形式は取っていますが、複数の中古スマホ業者を比較しながら取引ができるという、他にはなかなかないタイプのサービスを提供しているサイトといえます。

中古品を買いたい場合は複数の業者が出品している中から選べ、逆に売りたい場合も複数の業者に査定依頼ができるわけです。

【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!

ムスビーでの買取り査定依頼の流れ

それでは実際にムスビーに査定依頼をしてみましょう。

【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!

会員登録

このページのリンクからムスビーのページにアクセスすると上記のような画面が見えるかと思います。まずは会員登録から行いましょう。

右上の「ログイン/会員登録」から会員登録を行ってください。

会員登録が済んだら上記ページに戻ります。「こんにちはゲストさん」からユーザー名に変わっていたら成功です。

そしたら「ケータイ買取センター」のページに行きます。上記画面で見えるところの右下「スマホ・携帯電話高額買取」のバナーをクリックします。

注意ポイント

左コラムにも「売る/白ロムを売りたい」というリンクがありますが、これはフリマ出品のページに行っちゃいますので触らないように。

査定依頼

上記画面が「ケータイ買取りセンター」のTOP画面です。「キャリア」「メーカー」「機種名」を入力して「査定スタート!」。

上記のような情報入力画面にいきます。端末画像を4点までアップできますのであらかじめ用意しておきましょう。付属品のチェックとIMEI番号、「詳細」欄でアピールポイントをしっかり記入したら「次へ」。

内容の確認をして、年齢確認のチェックボックスにチェックを入れたら「査定依頼する」ボタンをポチり。

これで査定依頼完了です。これで査定額が提示された業者の見積り金額を比較してすることになります。有効期限は48時間。これを過ぎたらキャンセルとなりますのでご注意ください。

査定金額が届いた!

今回の場合、翌日の午前中には3件の見積りが届きました。

とんじるの予想を上回る金額が提示された業者さんがいましたのでこのまま買取り依頼をすることにしました。

このあとは業者さんによって取引方法が異なりますが、基本指示通りに行えばトラブルもそれほどないかと思います。

今回のめるまえポイント

それでは今回のめるまえポイント(まとめ)です。

ポイント

  • 下取りに出す前に買取り査定を依頼するのがオススメ
  • 買取りは複数業者に一度に査定依頼が出せる「ムスビー」がオススメ

「下取りよりも買取り」は中古車だけじゃなくてスマホにも言えることかもしれません。一手間かけることでおトクになるチャンスですので、ご興味があれば試してみてくださいね。

そんじゃまた。ぶっひん。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.