月900円から使える格安ポケットWiFi「どこよりもWiFi」のおすすめとデメリットを徹底解説!

ドコモSIMで月900円から使える「どこよりもWiFi」のおすすめとデメリットを徹底解説!

ポケットWiFi最安値級!ドコモSIMで月額900円から使える「どこよりもWiFi」を解説します。

「どこよりもWiFi」は、かつてクラウドSIM型のポケットWiFiとして人気を博していたサービスですが、現在はドコモのMVNO SIMを使った端末でサービス提供しています。

ネットにも多くの情報が載っている「どこよりもWiFi」ですが、「クラウドSIMを使っている」といった古い情報が残っていて、戸惑う方も多い事でしょう。

この記事では、2022年4月現在の最新情報に基づいた「どこよりもWiFi」のおすすめポイント、デメリットを大解説。

「15分に1台売れている(公式ホームページより)」という、その人気の秘密に迫ります。

  • どこよりもWiFiが気になっている
  • 安く使えるポケットWiFiを探している
  • スマホ代を安くしたいけど格安SIMに乗り換えるのは面倒
  • 他と比べて本当に安いのか知りたい
ふぁいりん

こんな方は、ぜひお読みくださいね

目次

どこよりもWiFiってどんなサービス?

どこよりもWiFiってどんなサービス?

「どこよりもWiFi」は、東京豊島区に本社を構える「株式会社Wiz(ワイズ)」が運営するポケットWiFiサービス。

通信障害を起こした「どんなときもWiFi」ととても似た名前ですが、運営会社も違うまったく別物のサービスです。

サービス自体は以前からあったものの、これまではあまり積極的にお勧めできる内容ではなかったのですが、2020年3月にサービス内容をリニューアル。非常に魅力的なサービスに生まれ変わりました。

どこよりもWiFiの料金

どこよりもWiFiの料金プランはシンプルな1プラン。「使った分だけ支払い」の段階制プランとなっています。

月900円から使える2年契約プランと、契約期間のしばりのないプランからお選びいただけます。

料金プラン(2年契約)
5GBまで900円
20GBまで1,900円
50GBまで2,900円
50GB以上※3,400円
※公平にサービス提供するため、1日4GBを超過した際は翌日0時まで通信速度制限となる場合がございます。
  • 公平にサービス提供するため、1日4GBを超過した際は翌日0時まで通信速度制限となる場合がございます。

月額900円〜3,400円の段階制プラン。あまりデータを使わなかった月は自動で料金が下がるので、無駄なく節約して使うことができます。

データ量に上限は設定されていませんが、1日4GBを超過した場合は翌日0時まで128bpsの速度制限がかかることがあります。

おおむね月120GB程度使えると考えておけば良いでしょう。

契約期間や事務手数料などの契約条件は、下記の表をご参照ください。

契約概要
初期費用3,300円
契約期間24ヶ月(自動更新)
違約金9,500円(非課税)
弁済費用19,800円
支払い方法クレジットカード

\月900円から使えるポケットWiFi/

使った分だけ!ドコモ回線使用

どこよりもWiFiの端末

FS030w
FS030W
製品仕様FS030W
提供エリアdocomo回線エリア※
通信速度下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps
本体サイズ74mm×74mm×17mm
重さ約128g
バッテリー容量約3,060mAh
※800Mhz帯は除きます。

端末は富士ソフト製のFS030Wという製品。あまり聞いたことはないかもしれませんが、ポケットWi-Fiに詳しいガジェット好きの間では結構有名な端末です。

ポケットWi-Fi端末としては一般的な性能なのですが、この製品の大きな特長として

  • バッテリー取り外し可能
  • バッテリーを外して外部電源から起動可能
  • USB電源が入ると自動で電源がオンになる

というものがあります。

これらの機能が「車載用Wi-Fiとして最適」と評価されているのですね。

本体のバッテリーを取り外して車載電源から給電すれば、エンジンのオンオフに連動して本体の電源も点くので、車を使っていない時は無駄な電波を使わない、ということのようです。

しかし、本製品を車内に置きっぱなしにするのは絶対に避けてください。真夏の車内温度は大変高温になります。

「どこよりもWiFi」の端末契約はレンタルなので、解約時には返却が必要。利用中に水没や破損、故障があった場合は、端末補償金として19,800円がかかってきます。高額ですので気をつけてお使いください。

心配な方は「機器補償サービス(月額440円)」へのご加入も検討ください。

どこよりもWiFiの通信エリア

「どこよりもWiFi」はドコモのMVNO回線を利用しているため、全国に展開されているドコモの基地局を利用可能です。ただしプラチナバンドと言われる800MHz帯には対応していないため、山間部や、都市部でも地下やビルの中などで局地的に繋がりにくくなる可能性があります。

体感的にはドコモ回線の格安SIMに近いものと考えていいでしょう。

下の図は2022年4月現在のドコモの4Gサービスエリアマップです。この地図に示されている赤とオレンジが「どこよりもWiFi」のサービスエリア。紫のエリアはサービス対象外となります。

赤いエリアはドコモの「PREMIUM 4G」対応エリアとなりますが、「どこよりもWiFi」ではPREMIUM 4Gの高速通信は未対応となります。オレンジのLTEエリアと同等の速度とお考えください。

※クリックで拡大します。

都市部においてはおおむね赤とオレンジのエリアでカバーされているものの、山間部になると紫の非対応エリアが目立ちます。

「どこよりもWiFi」ご検討の際は、あらかじめドコモのサービスエリアマップをご確認ください。

サービスエリアマップ|NTTドコモ

どこよりもWiFiのおすすめポイント

どこよりもWiFiのおすすめポイント

「どこよりもWiFi」のおすすめポイントをご紹介します。

  1. 使った分だけのお得なプラン
  2. 縛りなしプランが選べる
  3. 有人チャットで質問できる
  4. 8日以内ならキャンセルできる

おすすめ ①|使った分だけのお得なプラン

「どこよりもWiFi」の料金プランは段階制なので、あまりデータを使わなかった月は節約が可能です。

これは楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」と同じような考え方。5GB:900円(縛りなしプランは1,400円)からとリーズナブルな価格設定なので、ライトユーザーの方でも安心してお使いいただけます。

おすすめ ②|縛りなしプランが選べる

「どこよりもWiFi」は2年契約の他に、契約期間の縛りのないプランもお選びいただけます。2年も契約する予定がないという方は、縛りなしのプランを選択されるのもいいでしょう。

おすすめ ③|有人チャットで質問できる

契約前の不明点をチャットで質問することが可能です。チャットbotによる自動応答ではなくオペレーターによる有人チャットなので、話が通じずにイラつくこともないでしょう。時間帯によって繋がりにくかったり、夜間など対応外の時間もあるので、つながらない場合は時間を置いてみるといいでしょう。

おすすめ ④|8日以内ならキャンセルできる

2年契約を結んだ場合でも、7日以内であればキャンセル可能です。初期費用、月額費用、解約金をすべて0円になります。

繋がりにくいなど品質に不満がある場合は、7日以内に申請して20日以内に端末を返却ください。ただし1GB以上データを使用している場合はキャンセル対象となりませんのでご注意ください。

どこよりもWiFiのデメリット

どこよりもWiFiのデメリット

月100GB以上使えて月額3,400円。しかも使わなかった月は自動で料金が節約できる、他社にはなかなかないサービスですが、契約する上でのデメリットはないのでしょうか?

  1. 2年契約は自動更新
  2. 山間部などで繋がりにくいかも
  3. 1日4GB使うと速度制限
  4. 支払いはクレジットカードのみ
  5. 解約には注意が必要
  6. サービスがよく変わる

デメリット ①|2年契約は自動更新

「どこよりもWiFi」は2年契約のプランと契約期間の縛りなしのプランを選べますが、2年契約プランは「自動更新あり」。更新月である25ヶ月目に解約手続きを取らないと、また2年間の契約が自動更新されるしくみとなっています。

「2年以上継続して使ってもいい」と思っている方でも、3年目以降は端末のバッテリー劣化や故障率の上昇リスクがありますから、2年に一度は契約を見直したほうがいいでしょう。

ふぁいりん

更新月はスマホにカレンダー登録しておくなど、忘れないようにしましょうね

デメリット ②|山間部などで繋がりにくいかも

「通信エリア」の欄でもご紹介しましたが、「どこよりもWiFi」はドコモ回線の800MHz帯には対応していません。

「プラチナバンド」といわれるこの周波数帯は、速度が遅い代わりに電波が届きやすいという特性を持っているため、これに対応していない場合、山間部やビルの中、地下といったエリアでつながりにくくなることが考えられます。

お使いの地域によっては、3キャリアのプラチナバンドにも対応したクラウドSIM型ポケットWiFiを検討してもいいでしょう。

デメリット ③|1日4GB以上使うと速度制限

「どこよりもWiFi」は、データ容量上限を特に設けていませんが、1日4GB以上使った場合、翌日午前0時まで通信速度制限がかかる場合があります。

4GBの目安として、YouTube動画の画質と再生時間を表にまとめました。ご参考にしてください。

通信モード360p480p720p1080p
画質標準画質高画質HD画質FHD画質
1時間あたりのデータ消費量350MB600MB1.1GB2.1GB
4GBで再生可能な時間約11時間約6.5時間約3.5時間2時間弱

デメリット ③|支払いはクレジットカードのみ

「どこよりもWiFi」の支払いはクレジットカードのみ。口座振替やデビットカードには対応していません。

デメリット ④|解約には注意が必要

「どこよりもWiFi」を解約したい場合、解約申請と端末の返却が必要ですが、縛りありのプランとなしのプランで期限が異なります。

期限内に申請・端末返却ができなかった場合は、費用が余計にかかってしまうのでご注意ください。

解約申請期限端末返却期限
しばりありのプラン当月25日まで解約月末まで
しばりなしのプラン前月まで解約翌月5日まで
※端末の返却は期限までに到着していること

デメリット ⑤|サービス内容がよく変わる

「どこよりもWiFi」のサービス内容は、その時々の状況に応じてけっこう変わります。

例えばクラウドSIM型からドコモ SIMに変更になったり、「縛りなしの200GBコース」が廃止されたり、対応端末が変わったりと、直近1年以内にもかなり頻繁にプラン変更されています。

そのため、ネット上には古い情報がそのまま載っている場合も多いので、注意が必要です。

この記事は、2022年4月現在の情報をもとに構成しています。

デメリット ⑥|海外では使えない

「どこよりもWiFi」の現在のプランは海外でのご利用に対応していません。

海外で使いたいという方はクラウドSIM型のポケットWi-Fiもご検討ください。

\月900円から使えるポケットWiFi/

使った分だけ!ドコモ回線使用

どこよりもWiFiの評判・口コミは?

どこよりもWiFiの評判・口コミは?
わいりん

評判や口コミってどうなのかしら?

「どこよりもWiFi」の評判や口コミを調べてみましたが、残念ながら最近のサービス内容に合った内容のものを見つけることはできませんでした。

どこよりもWiFiはどんな人におすすめ?

どこよりもWiFiはどんな人におすすめ?
ふぁいりん

「どこよりもWiFi」は、どんな人におすすめなのかな?

ここまで「どこよりもWIFI」のサービス概要、おすすめポイント、デメリットについて解説してきましたが、実際にどんな人に向いたサービスなのでしょうか。

  • どこよりもWIFIがおすすめな人
  • どこよりもWIFIをおすすめできない人

結構はっきり分かれますので、自分がどっちなのか参考にしてくださいね。

どこよりもWIFIがおすすめな人

小容量のポケットWIFIを探している人
どこよりもWIFIは5GBからの段階制プラン。小容量でいいという方におすすめです。
毎月のデータ利用量にバラつきがある人
段階制プランなので、使う月と使わない月のバラつきのある方におすすめです。
都市部にお住まいの人
ドコモプラチナバンド非対応の影響を受けにくい、都市部にお住まいの方におすすめです。
格安 SIMへの乗り換えが面倒な人
スマホ代を安くしたいけど乗り換えが面倒、という方にも、乗り換え不要で月900円から使える「どこよりもWiFi」はおすすめです。

どこよりもWIFIをおすすめできない人

月50GB以上使う人
月50GB以上使うヘビーユーザーの方には、他にもいろいろ選択肢があります。
5Gサービスが気になる人
「どこよりもWiFi」は5G 非対応。いち早く5Gのスピードを体験したい方はWiMAX +5Gをおすすめします。
都市部以外にお住まいの人
お住まいの地域が対応エリアでない方は、他のサービスを検討しましょう。
アウトドアが趣味の方
都市部にお住まいでも、アウトドアが趣味で週末は山間部に出かける機会が多い方には、あまりおすすめできません。

「どこよりもWiFi」は、都市部にお住まいで比較的ライトな使い方をする方におすすめのポケットWiFiです。

どこよりもWiFiのよくある質問

どこよりもWiFiのよくある質問

これまでの解説では説明し切れていない、細かな点についてQ & A形式で解説します。

通信量の確認はできますか?

端末の画面でご確認いただくか、お問い合せフォームよりお問い合せください。
※端末表記の通信カウンターはあくまで目安の数値になります。
※弊社での確認をご希望の場合、通信量の反映には少々程度お時間をいただきますので予めご了承ください。

プラン変更はできますか?

ピタッとプラン(2年契約)からしばりなしプランへの変更はできません。

しばりなしプランの場合、ご希望のプラン名、機器補償サービスへの加入有無を記載の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

25日までのご申告で翌月から適用となります。

詳しくは公式サイトの「Q & A」をご確認ください。

家族名義のクレジットカードで申し込めますか?

ご契約者様ご名義のクレジットカードでお申込みしていただくようお願いしています。

ご家族のクレジットカードでお申し込みをご希望される場合は、クレジットカードご名義の方からのお申し込みをご検討ください。

申込後・問合わせ後に何もメールが来ません

@wifi.dokoyorimo.comのメール受信設定を行っていただきますようお願い致します。また、「迷惑メール」フォルダに入っていないかご確認ください。
土日祝日を挟む場合は返信が遅れる場合がございますのでご了承ください。

まとめ|「どんなときもWiFi」ってどうなの?

「どこよりもWiFi」について解説してきました。

  • 使った分だけのお得なプラン
  • 縛りなしプランが選べる
  • 有人チャットで質問できる
  • 8日以内ならキャンセルできる
  • ドコモ回線、ただしプラチナバンド未対応

月900円で5GB、約120GB程度まで使っても月3,400円と、ライトユーザーや初めてポケットWiFiを使うという方にピッタリなのが「どこよりもWiFi」。

ただしドコモのプラチナバンドには未対応なので、山間部や都市部の地下などでは繋がりにくくなることもある点は注意が必要です。

8日以内ならキャンセルも可能なので、加入後はお使いになる地域の電波状況を徹底的にテストすることをおすすめします。

この記事が、みなさまのポケットWiFi選びの参考になれば幸いです。

\月900円から使えるポケットWiFi/

使った分だけ!ドコモ回線使用

※過去記事アーカイブ

これより先の記事は、過去の「無制限クラウド SIMサービス」を利用した際のレポートとなります。
現在のサービスとは大きく内容が異なりますが、アーカイブとして残しておく意味で、折りたたんで掲載させていただきます。気になる方はタップしてご覧ください。



ドコモSIMで月900円から使える「どこよりもWiFi」のおすすめとデメリットを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる