【比較】iPhone 12 miniとiPhone SEはどっちを選べば良いの?小さなiPhoneの大きな違いについて

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE」。2020年に発売されたふたつのコンパクトなiPhoneを比較します。

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE」は、どちらも片手で操作できる小さなボディが魅力の注目モデル。

どちらを買うべきか悩んでいる方も多いでしょう。

この記事では、「iPhone 12 mini」と「iPhone SE」の違いを、性能/機能/価格の面から解説します。

  • コンパクトなiPhoneが欲しい
  • iPhone 12 mIniとSEどちらにしようか悩んでいる
  • iPhone 12 miniとSEはどこで買えるのか知りたい
ふぁいりんのアイコン画像ふぁいりん

こんな方は是非お読みくださいね

目次

iPhone 12 mini/SEのサイズ比較

 iPhone 12 mini
iPhone SE
  • 64.2×131.5×7.4mm
  • 5.4インチ有機ELディスプレイ
  • 重さ133g
  • 67.3×138.4×7.3mm
  • 4.7インチ液晶ディスプレイ
  • 重さ148g

iPhone 12 miniの方がコンパクトでありながら大画面。しかも有機ELディスプレイで画面の発色がキレイ。

重さも133gでiPhone 12 miniの勝利。

サイズのコンパクトさ、画面の大きさではiPhone 12 miniに軍配が上がりますね。

ふぁいりんのアイコン画像ふぁいりん

iPhone SEより大画面なのに小さくて軽いってすごい!

iPhone 12 mini/SEの性能比較

iPhone 12 mini
iPhone SE
  • 5G対応
  • A14 Bionic プロセッサ
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64/128/256GB
  • バッテリー:2,227mAh
  • Face ID(顔認証)
  • 5G非対応
  • A13 Bionic プロセッサ
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:64/128GB
  • バッテリー:1,821mAh
  • Touch ID(指紋認証)

さすがに性能面では最新のiPhone 12 miniの勝利。ほぼすべての項目で上回っています。

特に大きな点としてはiPhone 12 miniは5G対応。2020年の時点ではまだまだエリアの限られる5Gですが、来年開催される(といいですね)オリンピックを契機に順次エリアも拡大してくるでしょう。

しかし5Gになったからと言って、現状の4G通信ができなくなってしまうわけではありません。今後数年使っていくことを考えて選択するのが良いでしょう。

そして、iPhone SE(2020)の性能が低いというわけでは決してありません。外観はiPhone 6以来変わらないおなじみの形ですが、中身はiPhone 11相当の高性能。4G時代の最新端末として、数年先まで使えるモデルです。

特に認証方式に指紋認証のTouch IDを採用している点は、コロナ渦ではむしろ使いやすいのかもしれませんね。

わいりんのアイコン画像わいりん

「Touch IDだから」を理由にiPhone SEを選ぶ人も多いみたい

iPhone 12 mini/SEのカメラ性能比較

iPhone 12 mini
iPhone SE
  • 1,200万画素広角カメラ
    +1,200万画素超広角カメラ
  • 2倍光学スームアウト
  • デジタル5倍ズーム
  • 4Kビデオ撮影
  • ナイトモード
  • オーディオズーム
  • ナイトモードタイムラプス
  • 1,200万画素広角カメラ
  • デジタル5倍ズーム
  • 4Kビデオ撮影

カメラ性能は大きく進化しています。やはりハードウェアとしての設計が新しい分、iPhone 12 miniのカメラの方が圧倒的に高性能です。

レンズの数は、iPhone SEのシングルに対してiPhone 12 miniはデュアルレンズ構成。

さらにiPhone 12 miniは、ナイトモードでの背景ぼかし(ポートレートモード)が可能になったり、ナイトモードでもタイムラプス撮影が可能になるなど、iPhone 11と比較してもカメラ性能が大きく進化しています。

今やデジカメを持ち歩くことも少なくなりましたよね。

普段の生活で起こるちょっとしたシャッターチャンスをキレイに残せる、高性能なカメラは「あってよかった」と思う機能ナンバーワンです。

わいりんのアイコン画像わいりん

ナイトモードは初めて体験するとちょっと驚くわよ

iPhone 12 mini/SEの機能比較

 iPhone 12 mini
iPhone SE
  • IP68の防水性能
    (水深6mで最大30分間)
  • IP67の防水性能
    (水深1mで最大30分間)

防水性能については大きく向上していますが、普段使いでそれほど問題になる差ではないでしょう。

 iPhone 12 mini
iPhone SE
  • バッテリー容量:2,227mAh
  • ビデオ再生:最大15時間
  • ストリーミング:最大10時間
  • オーディオ再生:最大50時間
  • Qiワイヤレス充電(7.5w)
  • MagSafe(15w)
  • バッテリー容量:1,821mAh
  • ビデオ再生:最大13時間
  • ストリーミング:最大8時間
  • オーディオ再生:最大40時間
  • Qiワイヤレス充電(7.5w)

バッテリー性能も向上しています。ただし5Gでつながった時のことを考えると、iPhone 12 miniの2,2227mAhでも決して十分な容量というわけにはいかないでしょう。

バッテリーに関してはコンパクトモデルでは我慢しなければいけない部分のひとつかもしれません。

iPhone 12 miniは新規格「MagSafe」に対応。充電中も磁石でしっかり位置が決まるので、ワイヤレス充電にありがちな「位置がずれていて充電できていなかった」という不幸な事態を防げます。また、今後ラインアップされるであろうMagSafe対応アクセサリーも楽しみですね。

ふぁいりんのアイコン画像ふぁいりん

ここまでを見ると、iPhone 12 miniの方が魅力的かな?

わいりんのアイコン画像わいりん

お嬢さん、大事なことを忘れちゃいませんか?

iPhone 12 mini/SEの価格を比較

同じコンパクトなiPhoneでありながら、大きな違いがあったiPhone 12 miniとiPhone SE。

ここで両者の価格を比較してみましょう(価格は税込です)。

Apple SIMフリーモデル

Apple  iPhone 12 mini iPhone SE
64GB 82,280円 49,280円
128GB 87,780円 54,780円
256GB 99,880円 66,880円
わいりんのアイコン画像わいりん

価格も含めるとiPhone SEが候補として浮上してくるわね

AppleのSIMフリーモデルはAppleストアで購入するのが普通ですが、最近は一部の大手家電量販店でもSIMフリーモデルの購入が可能です。

中でもビックカメラでは、SIMフリーiPhoneを大手携帯キャリアのような残価設定型クレジットで購入できる「iPhoneアップグレードプログラム」というサービスを行っています。

docomo

docomo  iPhone 12 mini iPhone SE
64GB

87,912

(2,442円×36回)

57,024

(1,584円×36回)
128GB

95,832

(2,662円×36回)

62,568

(1,738円×36回)
256GB

110,088

(3,058円×36回)

75,240
(2,090円×36回)

docomoの機種変更時の価格となります。端末購入プログラム「スマホお返しプログラム」を利用した場合の月額料金を記載すています。

ドコモオンラインショップ

au

au  iPhone 12 mini iPhone SE
64GB

90,065

(2,095円×23回)

55,270

(1,250円×23回)
128GB

95,240

(2,200円×23回)

61,250

(1,390円×23回)
256GB

109,305

(2,535円×23回)

75,215
(1,705円×23回)

auでの機種変更時の価格です。auの残価設定型購入プログラム「かえトクプログラム」利用時の実質月額を記載しています。2年後に残価を払うか、プログラムを行使して次の機種をauから購入することで、毎月の支払額を抑えることができます。

au Online Shop

SoftBank

SoftBank  iPhone 12 mini iPhone SE
64GB

96,480

(2,010円×48回)

57,600

(1,200円×48回)
128GB

102,960

(21,45円×48回)

64,080

(1,335円×48回)
256GB

116,640

(2,430円×48回)

78,480
(1,635円×23回)

SoftBnakの機種変更時の価格です。SoftBnakの端末購入プログラム「トクするサポート+」を使った場合の月額料金を記載しています。2年後に残価を払うか、プログラムを行使して次の機種をSoftBankから購入することで、毎月の支払額を抑えることができます。

ソフトバンクオンラインショップ

キャリアモデルは分割払いがおトク

ご覧いただいたように、端末価格が一番安いのはSIMフリーモデル。しかし毎月の支払い額を抑えたいと考えるならばキャリアの購入プログラムを利用して分割購入するのもありです。

「大手キャリアは高い」と言われ続けていますが、家族割やネット割を駆使すれば、50GB以上の高品質回線が月額5,000円程度で利用できる環境にはすでに整っています。

総務省からの値下げ圧力、回線品質、サポート、今後の5G対応などの諸条件を考えると、大手キャリアに残る、戻るという選択肢は、十分検討に値します。

かつては「端末は一括購入が基本」と当サイトでも言い続けてきましたが、端末値引きが大きく制限されてしまった今、それもかなり難しいと言わざるを得ません。

分離プラン導入後の今は、端末は分割購入が基本。その場合はキャリアの購入プログラムを利用した方がおトクなのはいうまでもありません。

ソフトバンクへの乗り換えなら「スマホ乗り換え.com」

各社の端末購入プログラムを比較した場合、毎月の端末代が一番安いのはソフトバンクでした。

ソフトバンクの「メリハリプラン」であれば、家族割4人以上、ネット割の併用で月額4,480円(4Gプラン)。データ使用量が2GB以内であれば2,980円で利用可能です。

端末代と通信費をトータルで考えて、納得いくのであれば乗り換えも検討しましょう。

ソフトバンクへの乗り換えを検討するのであれば「スマホ乗り換え.com」をおすすめします。

新製品でも安価なモデルでも規制リミットいっぱいの最速キャッシュバック。専任担当者があらゆる質問に答えてくれるので、初めての乗り換えでも安心です。

当サイトでは、「スマホ乗り換え.com」と、「おとくケータイ.net」のキャンペーン情報を随時更新中です。

まとめ

最新のコンパクトiPhone2機種を比較してきました。

  • 最新5G端末「iPhone 12 mini」はコンパクトで高性能
  • 「iPhone SE」も現役モデルとして魅力十分。価格も安い
  • 携帯各社の端末購入プログラムを使えば月額負担も少ない
  • 料金プランに納得できれば「キャリアモデル分割」は選択肢としてアリ

この記事がみなさんのiPhone選びの参考になれば幸いです。

\ソフトバンクへの乗り換えなら/

最速当日キャッシュバック!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる