ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」はおトクなのか?

softbank スマホ

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」は旧プランよりおトクなの?

ソフトバンクが新プラン「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」を発表しました。従来の「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」と比較して、何が違うのか?どっちがおトクなのか?今契約するなら新旧どちらのプランが最適なのか?を考えます。

この記事はこんな方におすすめです

  • ソフトバンクの新料金プランが気になる
  • ソフトバンクへの乗り換え・機種変更を検討している
  • 現プランと新プランどちらがおトクなのか知りたい

ソフトバンク新プランの概要

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」は、現在の「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」に代わる新サービスです。

新規受付開始は3月12日。それに伴い「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」の新規受付は3月11日に終了します。

[st_toc]

「メリハリプラン」は2GB以下なら自動で1,500円割引の50GB定額制

「ミニフィットプラン」は5GBまでの段階制

受付開始は3月12日(木)から

現行の「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」は3月11日で受付終了

それでは新プランの特長を、順を追って説明していきましょう。

「メリハリプラン」は2GB以下なら1,500円おトク

※1 スマホ・ガラケーの新規契約・機種変更した場合で半年おトク割・みんな家族割+(4人)適用時。一部対象外機種あり。
※2 別途固定通信サービス料がかかります。SoftBank 光の場合は指定オプション(500円~/月)のご加入が必要です。
※3 対象サービスのみ適用。ただし対象サービス内で動画SNS放題が適用されない場合があります。また一部動画SNS放題の対象外機種があります。
※4 通話従量制(20円/30秒)。一部対象外通話あり。

「メリハリプラン」は従来の「ウルトラギガモンスター+」に代わるソフトバンクの新料金プラン。20円/30秒の通話基本プランと月50GBのデータ通信、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画サービスや主要SNSが使い放題の「動画SNS」がセットになったプランです。

ここまでは「ウルトラギガモンスター+」とまったく同じ内容ですが、「メリハリプラン」は、「動画SNS放題」対象サービスの利用分を含めた月間データ使用量が2GB以下の場合は1,500円割り引く仕組みとなっています。

2GB以内に抑えられた場合、「半年おトク割」「みんな家族割」「おうち割光セット」の各種割引を適用すると利用料金は1,980円となります。

スマホを思い切り使う月と節約する月、まさに使い方に「メリハリ」をつけられる方には大変おトクなプランと言えます。

メリハリプラン価格表

「ミニフィットプラン」は5GBまでの3段階制に

※1 別途固定通信サービス料がかかります。SoftBank 光の場合は指定オプション(500円~/月)のご加入が必要です。
※2 半年おトク割適用時。一部対象外機種あり。

「ミニフィットプラン」は従来の「ミニモンスター」に代わる段階制の料金プラン。

基本的な価格構成は変わりませんが、50GBまでの4段階だったものが5GBまでの3段階に変更になりました。

5GBを超えると速度制限がかかりますが、1GB/1,000円の追加料金を支払うことで速度制限を解除できます。

「50GBまで使えていたプランが5GBで制限」と聞くと、改悪というようにも見えてしまいますが、今回の改定はユーザーニーズに「多少」寄り添ったものと考えていいです。

従来の「ミニモンスター」では、50GBまで使えたことが「使いすぎ」につながってしまうこともありましたが、今回「ミニフィットプラン」で上限が5GBまでと制限されたことで、使い過ぎのリスクが減りました。

小容量でいい、というユーザーさんにとっては今回の改定は理にかなっていると言えますね。

「1年おトク割」は「半年おトク割」に

従来プラン「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」で適用されていた「1年おトク割」は、「半年おトク割」に改定となりました。

名前の通り、割引期間が1年から半年になってしまい、ここは単純に改悪と言ってしまっていい内容となっています。

改定の背景としては、ドコモ、auの現行プランが割引期間半年だということで、そこにならった形となりますが、この部分は他社に対するアドバンテージだったので、ちょっと残念ですね。

とんじる
他社に揃えなくていいのに。。

そして「半年おトク割」の適用条件として、過去に「1年おトク割」「半年おトク割」の適用を受けていないこと、というのがあります。

「1年おトク割」の割引期間中に新プランに移った場合、「1年おトク割」の割引は終了し「半年おトク割」の適用も受けられないことになりますので注意が必要です。

とんじる
ただし救済措置もありますので、後ほどご紹介しますよ

通話定額オプションは値上げ?

通話プランのオプションとして用意されていた「定額オプション(月額1,500円)」「準定額オプション(月額500円)」はそれぞれ「定額オプション+(月額1,800円)」「準定額オプション+(月額800円)」と改定されています。

一見、値上げのように見えますが、従来「基本パック」として用意されていたオプションサービスの一部、「留守番電話プラス」「割込通話」「グループ通話」「一定額ストップサービス」が含まれるようになったので、単純な値上げではありません。

個別に加入すると800円相当となるオプションサービスが300円で使えるということで、おトク感はありますが若干「押し売り感」は否めませんね。

こちらも背景としては他社の料金との比較がありそうです。

ドコモ、auは同様のサービスをソフトバンクの旧プランより200円高く提供しており、ソフトバンクとしては他社基準に揃えたかった。

けれども、単純な値上げではユーザーの同意を得られないからオプションを含めてお得感を演出した、と考えるのが妥当です。

とんじる
だから他社に揃えなくていいのに。。

\ソフトバンクで最新スマホに機種変更!/

SoftBankオンラインストアで確認

送料無料!24時間受付!

 

ソフトバンク新プランはどんな人にオススメ?

その他の割引

それではこのソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」は、いったいどのような方にオススメなのでしょうか。

前提は「家族4人」と「おうち割」

ソフトバンクの料金プランの特長として、各種割引サービスの割引額が大きいという点があります。

具体的には「みんな家族割+」に4人以上で加入した場合はひとりあたり2,000円、「おうち割光セット」を適用した場合はひとりあたり毎月1,000円の割引が受けらることになりますので、家族4人の場合、毎月12,000円の割引が永年適用されます。

その結果、50GB+動画SNSフリーで月額3,480円(半年間)で使うことができます。

これは大手3キャリアの大容量プラン最安。そして格安SIMと比較しても十分競争力のある価格です。

この価格メリットは新プランであっても変わらないため、「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」のメリットを最大限受けるには「家族4人」「おうち割」を適用させたいところです。

新プランは「家族4人でメリハリプラン」一択!

新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」のオススメですが、家族4人で加入した場合は「メリハリプラン」一択です。

なぜなら、両プランを比較すると、家族4人で加入した場合は全ギガ数で「メリハリプラン」の方が安くなってしまうからです。

ひとりで加入した場合は、2GBまでなら「ミニフィットプラン」の方が安いのですが、そもそもの問題としてソフトバンクにひとりで加入するメリットは薄いので、その点でもオススメできません。

ソフトバンクの小容量プランはもうひとつ「スマホデビュープラン」というものがあって、こちらは大変おトクなプランとなっています。

3Gケータイをお使いの方や15歳以下のお子様にはとてもオススメののプランとなっていますので、該当するご家族がいらっしゃる場合はぜひご検討ください。

スマホデビュープラン

新旧プランどっちがおトクなの?

新プラン「メリハリプラン」は従来の「ウルトラギガモンスター+」を進化させたプランで、ライトユーザーからヘビーユーザーまでひとつのプランでカバーできる、使い勝手の良いプランと言えます。

しかし、それだけでは新旧プランどちらがおトクなのか今ひとつはっきりしません。

ここで新旧プラン、それぞれどんな方に向いているのかまとめてみます。

新プランが向いている方

[st_toc]

スマホ利用量が2GB以内になる月もある方(メリハリプラン)

月1GBでは足りないけど2GBなら十分という方(メリハリプラン)

留守番電話ほかのオプションが必要な方((準)定額オプション+)

今回の改良ポイントが、そのまま受け入れられるという方は新プラン「メリハリプラン」まで待ちましょう。

旧プランが向いている方

[st_toc]

毎月動画やSNSを思い切り楽しみたい方(ウルトラギガモンスター+)

月1GBで十分という方(ミニモンスター)

留守番電話ほかのオプションが不要な方((準)定額オプション)

「ミニモンスター」と「ミニフィットプラン」は内容的に変わりがないので、「一年おトク割」が使える旧プランがおトクです。

また、毎月2GB以上使うという方、無料通話は使いたいけれど留守番電話はいらないという方も旧プランの方がメリット大きいかもしれません。

「2GB以内なら1,500円割引」にどれだけメリットを感じるかで決めて良いでしょう。

とんじる
ちなみに新プランへの移行はいつでもできますよ

\ソフトバンクで最新スマホに機種変更!/

SoftBankオンラインストアで確認

送料無料!24時間受付!

 

現プランは3月11日まで!「1年おトク割」狙いなら急げ!

新プランは3月12日受付スタート。それに伴い現行プラン「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」の受付は3月11日で終了します。

サービス内容としては大きく変わらないものの、「1年おトク割」が「半年おトク割」になってしまうのが結構インパクト大きいかもしれません。

1年間の割引を狙いたい方はお急ぎいただいた方がいいでしょう。

それでも「1年おトク割」を適用して「ウルトラギガモンスター+」に加入するか、「半年おトク割」で「メリハリプラン」にするか悩んでいる、という方のために、2/25~3/11の間に旧プランに新規加入した方が「メリハリプラン」に変更する場合に限り、「半年おトク割」を適用する救済措置が取られます。

<救済対象>

対象期間:2020/2/25~3/11

対象手続:新規/MNP/番号移行/機種変更/契約変更

適用条件:以下2点を満たしていること。

・対象期間中に【データプラン50GB+/データプランミニ/データプラン1GB】いずれかに新規加入

・過去に1年おトク割の適用履歴がないこと

<救済条件>

救済対象者が2020/3/12~3/31の期間中に「データプランメリハリ」へ変更すること

My SoftBankで情報変更する場合、3/31 21:00までに手続きが完了していること

★救済内容は「半年おトク割」(1000円×6ヶ月間割引き)の適用です。新プランに変更すると救済対象者でも「1年おトク割」は解除されるので注意してください。

とんじる
とりあえず3/11までに旧プランで一度契約して、3月いっぱい悩んでから決める、ということもできますよ

 

外出しづらいこの時期はオンラインストアがオススメ

ソフトバンクの新プランが気になる。3月が更新月という方も多いでしょう。

しかし、新型コロナウィルスの被害拡大を防止するため、自分と家族の健康のために、当面の間、不急の外出は避けたいとお考えの方も多いと思います。

そんな方はオンラインストアでの契約をぜひご検討ください。

オンラインストアなら自宅から24時間受付可能。スマホ本体も自宅に届けてくれるので外出なしで契約が可能です。

送料もオプション加入も不要なので、この機会にお試しください。

また、当サイトでは「スマホ乗り換え.com」「おとくケータイ.net」のキャンペーン情報を随時更新中です。

他社からの乗り換えや新規契約なら20,000円の現金キャッシュバック。

しかもオンラインでありながら担当者と相談しながら契約できるので、オンライン手続きが不安という方も安心です。

ネットだけでなく電話でのご相談もOK。

くわしくは下記の記事をご参照ください。

スマホ乗り換え.comとおとくケータイ.netのキャンペーン比較と9つのオススメ理由
【8/8更新】スマホ乗り換え/おとくケータイのキャンペーン比較!&9つのオススメ理由!

【8/16まで!お盆特別企画!】ソフトバンクへ乗り換え検討中の方は必見!「スマホ乗り換え.com」「おとくケータイ.ne ...

続きを見る

\ソフトバンクで最新スマホに機種変更!/

SoftBankオンラインストアで確認

送料無料!24時間受付!

 

まとめ

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」を旧プランと比較しました。

「メリハリプラン」はライトユーザーからヘビーユーザーまでメリットあるプランですが、割引まで含めるとメリットデメリットが混在し、判断に迷うかもしれません。

[st_toc]

「メリハリプラン」はライトユーザーからヘビーユーザーまでカバー

「ミニモンスター」と「ミニフィットプラン」は基本的に同じ

通話定額はオプション込みになった代わりに値上げ

「1年オトク割」が受けたければ3月11日までに旧プランを申し込むべし

「とりあえず旧プランで様子見」も含め、検討の参考になれば幸いです。

 

-softbank, スマホ
-, , ,

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.