Android softbank スマホ

【解決】ソフトバンクのAndroid SIMを流用して、他の端末に差し替えて使うための4つの方法

「ソフトバンクのSIMには罠が仕掛けてある?」ソフトバンクのAndroid用SIMには「IMEI制限」がかかっていて、他社端末に差し替えて使うことができません。どうすれば使えるのか?この難問の答えは4つ。ひとつひとつ実際に試してみましたよ。

<2020年2月に、他の記事とまとめ大幅加筆・修正させていただきました>

この記事はこんな方におすすめ

  • ソフトバンクのAndroid機種を契約中の方
  • 「スマホデビュー割」「スマホデビュープラン」等の割引を維持したまま機種変更したい方
  • 現在持っているソフトバンクスマホのスペックが低いので、契約変更せずに新しい機種に替えたい方

 

ソフトバンクAndroid機はSIMの差し替えができない?

現在、各キャリアのスマホは端末代金を一括で購入した場合、即日SIMロック解除が可能となっています。

これは総務省の強い指導のもとそうなってきたわけですが、この恩恵により、好きな端末を好きなキャリアのSIMに差し替えて使うことができるようになりました。

しかしソフトバンクの場合は少し様子が違います。

まず、ソフトバンクはiPhone用とAndroid用の大きく2種類(実際にはもっと細かい)のSIMが用意されています。

そして、iPhone用は特に問題ないのですが、 Android用のSIMにちょっとしたワナが仕掛けてあるのです。

ソフトバンクのAndroid端末用SIMには、IMEI情報(個体識別情報)が書き込まれていて、それに合致しない他社の端末では通信ができない仕様になっているのです。

その結果

  • ソフトバンクiPhone SIM + SIMロック解除済み他社iPhone → ○利用可能
  • 他社のSIM + SIMロック解除済みソフトバンク端末 → ○利用可能
  • ソフトバンクAndroid SIM + SIMロック解除済み他社Android端末 →︎ ×利用不可

ということになっています。

なんだかおかしな話ですよね?

iPhoneとAndroidの2種類のSIMがあるのはなんとなく理解できます。

iPhoneの場合は、他社(SIMロック解除済み)端末との互換は確保されているようですが、

Androidの場合は、たとえAndroid同士であっても他社製品との互換はなし。

ソフトバンク同士でもAndroid SIMとiPhone SIMは互換なし。

総務省もまさかこんな手の込んだ仕様になっているなんて、気付いていないのでしょうか?

このソフトバンクのSIMの問題、普通はこんなこと気にする必要はないのですが、使っている機種が気に入らないとか、壊れてしまったといった理由で、回線契約を維持したまま他の機種に換えたいという場合に、少し困ったことになるのです。

私自身も、そんな「少し困ったことになった」ひとりでありました。

そういうわけでSoftbankのAndroid SIMはどこまで流用可能なのか?

SoftbankのAndroid SIMを他社端末で使うことはできないのか?

実際に色々試してみましたので、そのご報告をさせていただきます。

お知らせ

「ソフトバンクのAndroid SIMの差し替え問題」を解決するには、SIMにIMEI制限のかかっていないiPhoneに機種変更してしまうのもひとつの手段です。
新しく出たiPhone SE(第2世代)はiPhone史上最高のコスパを誇る激安モデル。月1,200円〜で購入できます。
下記の記事からお申し込みなら機種変更でも5,000円キャッッシュバックが可能です。

【実質0円?】新型 iPhone SE2はソフトバンク乗換で高額キャッシュバックを狙え!

キャリア版発売が5/11(月)に開始された新型iPhone SE第2世代(SE2)!できるだけ安い価格で手に入れたいなら ...

続きを見る

【素材】SoftBank「スマホデビュー割」Android 回線

未開封のU11。せっかくガラスフィルムもつけてもらったんですけどね…

今回使ったのは当ブログ管理人(とんじる)がメインで使っている回線です。

2018年6月に、今は終了した「スマホデビュー割」でAndroidスマホ「HTC U11」をなかなかの激安維持費で手に入れることができました。

この契約は2年縛りはありますが、次に機種変更するまでは、5分間通話と1GBがついて月額1,980円で使い続けることができます。

さらに、2年契約が満了になる2020年6月までは各種割引が適用されて、毎月200円程度で維持できている「お宝回線」です。

回線としては「お宝」なのですが、残念なことに端末がイマイチ気に入らなかった。

回線の特典を維持したまま、他の端末に変更できないか?そう考えたのがこの件の経緯になります。

 

実験 1. SoftBank Android SIMをそのまま他社の端末に差してみる

まずはウワサにある「SoftBankのAndroid SIMは他社製端末に差しても使えない」を確認するために、SIMをそのまま差してみます。

1-1 SIMロック解除済みのAndroid端末に差してみる

実験台として使ったのはSIMロック解除済みのGalaxy S7 Edge。下記のAPN設定を入力して起動します。

  • APN名:plus.4g
  • ユーザー名:plus
  • パスワード:4g

結論から言いますと、まったく使えない訳ではありません。

通信はウワサ通りできませんが「通話」は可能です。SMSも可能でした。

SoftBank Android SIMを他社製Android端末にそのまま差した場合。通話○通信×

他社製Android端末にそのまま差した場合。 通話○/通信×

1-2 SIMロック解除済みのiPhoneに差してみる

そして後日、もうひとつの実験として、このSIMをSIMフリーのiPhoneに差してみました。

差し替えに使ったiPhoneはSIMフリー版のiPhone 11 Proです。

iPhoneに差した場合。「3G」で通話は可能です。

iPhoneに差した場合。「3G」通話○/通信×

こちらもAndroid機と同様、通話ができました。しかも上の写真をみていただくと分かる通り、「3G」でつながっているのが確認できます。

「メール」アプリに未読メールのバッジあって、一見通信できているようですが、これは起動した時にうっかり家のWi-Fiに繋がってしまったためです(紛らわしくてスミマセン)。

SMSの送受信も確認(自分宛に送ってみました)

SMSの送受信も確認(自分宛に送ってみました)

SMSもできました。こちらも家のWi-Fiを拾ってしまってます(すみません)が、SMSの送受には関係ないはずです。

SoftBankのAndroid SIMを他社の端末に差した場合、「通話○/通信×」という状態になるのは、「4Gではつながらないが3Gではつなかっている」ということのようです。

家のWi-FiやポケットWi-Fiでデータ通信を行えば、何もしないで他社製端末につないでも「一応」使うことは可能です。

ただし3Gの電波は2020年以降停波になることが発表されていますので、いつかは使えなくなることは頭に入れておいてください。

【実験1】まとめ

SoftBankのAndroid SIMをそのまま他社端末に差しても通信は行えない

通話とSMSは可能。しかし3Gで繋がっているのでいつかは使えなくなる

SIMフリーiPhoneでも同様の結果

とんじる
結論:ポケットWi-Fiで通信すればしばらくは使えそう
【どこよりもWiFi】無制限クラウドSIMを限界まで使ったからわかる!本当のオススメポイント!

【今なら半年間/月額2,880円!】無制限クラウドWiFi最安値級! 他のクラウドSIMが問題を起こす中で大盤振る舞いな ...

続きを見る

 

実験 2. SoftBank Android SIMが使える中古端末を探す

SoftBankのAndroid SIMを他社の端末に差しても通信は行えません。

やはりスマホですから「自力」で通信できてなんぼのもの。今の契約を維持したまま他の端末を使いたい

この記事をお読みの方は、こんなお悩みを持ってこのサイトに来ていただいたのではないでしょうか?

SoftBankのSIMを使うには「SoftBnakのSIMが使える端末」を探せばいいのです。

そして、現在お使いの端末のSIMと互換のある機種は、ソフトバンクの公式サイトに案内があります。

2-1 SIMの互換をWebで確認する

ソフトバンクのAndroid SIMの互換については公式ホームページに記載があります。載っていない機種についてはカスタマーサポートに電話して聞いてみましょう。

 

ソフトバンクカスタマーサポート(午前9時から午後8時まで)

  • ソフトバンク携帯電話から:157(無料)
  • 一般電話から:0800-919-0157(無料)

2-2 適合する中古端末(白ロム)を探す

筆者(とんじる)は当時、上記の公式サイトの存在を知らなかったので「あてずっぽう」で好みの端末を買う、という暴挙に出ました。

これは何かと罠の多いソフトバンク端末を攻略する上では禁じ手といっていい行為ですので、読者の皆さんは決して真似せず、公式で互換性のある機種を確認してから購入してください。

さて、このとき選んだ機種はHUAWAIのMate 10 Pro。

これの白ロム(SIMの入っていない本体のみ端末)を探すわけですが、当時はまだ発売間もない時期だったためさすがに数が少ない。

見つけたとしてもすぐに誰かに買われてしまう状態で、予断を許しません。

筆者の白ロム選びの基準「未使用」「ネットワーク利用制限○」「SIMロック解除済み」で探してみたところノーヒットでした。

ただし今回はソフトバンクSIMを使うのが前提なので、SIMロック解除は不要です。

ネットワーク利用制限についても「赤ROM保障」の業者さんからであれば「△」も可としました。

その結果、「未使用」「ネットワーク利用制限○」「SIMロック解除なし」の703HWを「イオシス」から購入しました。

無事端末ゲット!「LEICA DUAL CAMERA」のロゴが神々しい…

ポイント

白ロムとは?
回線契約を伴わない、SIMの入っていない本体のみの端末のこと。中古品と考えていいですが「未使用・新品」というものも多いです。必ずしも「SIMフリー」とは限らないのでご注意。

SIMロック解除とは?
日本の大手3キャリアは、他社への顧客の流出を防ぐためにスマホ本体に「SIMロック」をかけて、他社のSIMを読み込めない状態で出荷しています。
現在は本体一括購入の場合は即日、分割購入時も101日目以降SIMロックの解除が可能となっています。以前は SIMロック解除は契約者本人しかできなかったのですが、現在は「ネットワーク利用制限○」の端末であれば、キャリアショップ持ち込みで誰でもロック解除可能です。
SIMロック解除は端末とSIMのキャリアが異なる場合は必須ですが、今回のように同じキャリア同士の場合は必ずしも必要ではありません。
解除済み端末は価格も高額な場合が多いので、あえてロック解除していない物を買って、必要に応じて後日キャリアショップにて手続き(手数料3,000円程度)してもいいでしょう。

ネットワーク利用制限とは?
白ロム機はもとはキャリア契約に紐付いた端末なので、端末代金が未払いの場合など、ネットワーク利用が制限される場合があります。端末代金一括購入の場合は利用制限がかかる心配がありませんから「○」。それに対し「△」は、割賦で端末代が支払われている機種のこと。元の購入者が支払いを途中でやめてしまった場合、ネットワーク制限がかかり使えなくなってしまう危険性があります(この状態を「赤ロム」といいます)。「△」の端末を購入する場合は、赤ロムになってしまった際も保障してくれる業者さんから購入することを強くお勧めします。

今回購入したイオシスは完全赤ロム保証。信頼できるお店であれば、あえて値段の安い「△」を狙うというのもアリかもですね。

\「けっこう安い。」でおなじみの中古スマホショップ!/

イオシスでSoftBankスマホを探す

amazonアカウントでお支払い可能!

 

2-3 購入した端末にSIMを差す

それではGalaxyではダメだったソフトバンクSIMを、ソフトバンク版 HUAWAI Mate 10 Pro(703HW)に入れてみます。

ソフトバンク版のSIMスロットはひとつ。でもmicroSDスロットはなし。

 

無事、アンテナが立ちました。通話もSMSも、4G通信もできます。

この後も使い続けていますが、費用面も変わらず「スマホデビュー割」割引も継続しながら使い続けています。

とんじる
「my SoftBank」のご利用機種欄はU11のままですがw

ちなみに筆者が試した今回のケース、HTC U11とHUAWAI Mate 10 ProはSIMの種類が違います。

  • HTC U11:NFC nano USIMカード
  • Mate 10 Pto:nano USIMカード

違うのですが、問題なく動作していることと、それぞれのSIMの名称から推察すると、ソフトバンクのSIMはNFC(おサイフケータイやSuicaなどの規格)対応の有無でSIMを使い分けているようです。

Mate 10 Proはおサイフケータイ未対応の機種なので、SIMが対応していてもNFCは使えません(あたりまえ)。

「逆もまた真なり」で、Mate 10 ProのようなNFC未対応機種のSIMを、U11のようなNFC対応機種に差しても使えない、ということになります。

結果的にはその他の機能は使え「そう」ということにはなりましたが、ご参考程度にとどめておいてください。

とんじる
あくまで「自己責任」でお願いしますw

【実験2】まとめ

SoftBankのAndroid SIMと互換性のある機種を公式サイトで確認

白ロムは「SIMロック解除」不要。「ネットワーク制限○」が望ましい

 

3. IMEI制限のかかっていないSIMに交換する(持ち込み機種変更)

IMEI制限のかかっていないSIMに差し替える

さて、HTC U11からHUAWAI Mate 10 ProにSIMを差し替えて、問題なく快適に使い続けていましたが、もうひとつ試してみたいことがありました。

それは「他社製SIMフリー端末への持ち込み機種変更」です。

持ち込み機種変更することで、ソフトバンクの機体固有情報(IMEI情報)の書き込まれていない「ロックのかかっていない」SIMに交換することが可能です。

3-1 Android端末用「マルチUSIMカード(F)」

このソフトバンクのAndroid SIM問題に関する記事でよく登場するのが「マルチUSIMカード(F)」というSIM。

IMEI制限のかかっていない、SIMフリー端末で使えるSIMに持ち込み機種変更をするときに使われるSIMのようです。

「マルチUSIMカード(F)」を使った持ち込み機種変更の特長として、月月割や「スマホデビュー割」、販売店独自の施策による割引もそのまま継続される、という話が報告されています。

しかしこの「マルチUSIMカード(F)」。他社製SIMフリー端末でソフトバンクAndroid SIMが使えるようになる一方で、けっこう大きなデメリットが確認されています。

公式キャンペーンが使えない

「マルチUSIMカード(F)」に変更すると、ソフトバンクの公式キャンペーンや特典が、ほとんど使えなくなってしまいます。

まず非常に大きな影響としてスマートログインができないこと。

それに伴い、ソフトバンクユーザーであれば無条件で手に入ったYahoo!プレミアム会員特典、Yahoo!ポイント10倍、CYBER SUNDAYといったソフトバンク公式キャンペーンがほとんど適用外となってしまいます。これは大きな痛手ですね。

とんじる
ながらく持ち込み機種変更を躊躇していた理由はこれです

iPhoneでは使えない

「マルチUSIMカード(F)」のAPN設定は下記の通り。

設定値を見る限りAndroidのAPNと似てますね。もともとAndroid用のSIMということなので、iPhoneで使えるとは考えづらいです。

3-2 SIMフリーiPhone用「nano USIMカードA(C2)」

上記のお話は「ソフトバンクのAndrod」から「他社製(SIMフリー)Android」への持ち込み機種変更の場合です。

では、SIMフリーのiPhoneの場合はどうなのでしょうか?

ネットをみていくと「iPhone専用nano USIMカードA (C2)」というものの存在が確認されます。

iPhone SIMの場合はもともとIMEI制限はかかっていないため、一旦iPhoneへ持ち込み機種変更してから、Android機に差し替えることができれば、ひょっとすると「スマートログイン」も維持したままSIM交換が可能かもしれません。

 

さすがに話が込み入ってきたので、ここは公式のチャットサポートに聞いてみることにしました。

ソフトバンクチャット画面1

「契約のタイミングにより条件が異なる」とのこと。

そのまま契約情報を確認する画面に移行。認証を行います。

とんじる
こういうプロセスが発生することもあるので、
契約中のスマホからアクセスすることをオススメします。

ソフトバンクチャット画面2

「デビュー割の継続可能」「スマートログイン継続可能」との回答をもらえました。

理想的な回答です。

この情報を持ってソフトバンクショップにて手続きを行うこととしました。

とんじる
店頭での「言った言わない」を防止するためにチャット画面のスクショを残しておきましょう。

3-3 手続きの方法

手続きには以下のものが必要になります。

  • 契約中のソフトバンクAndroid SIM(いらないこと多し)
  • 使いたい他社製端末( SIMロック解除済み/技適マークのあるもの)
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証など)
  • 事務手数料3,300円(税込)→翌月の請求に合算

これらを準備して、ソフトバンクショップにて手続きを行ってください。

他社が販売する携帯電話をソフトバンクで利用する

3-4 手続き上の注意点

基本的にソフトバンク公式ホームページに載っている手続きなので、ショップに行けば手続きは可能です。

ただ、かなり特殊な手続きのため、ショップ店員さんが慣れていないことが多いようです。また、肝心のSIMカードの在庫がないという場合も多く、一週間以上待たされたという報告も多いですね。

実はソフトバンクショップには販売代理店とキャリア直営店の2種類があります。

代理店が経営するショップにはこういった特殊なSIMは在庫していないことが多いため、できればキャリア直営のショップにて手続きするのがいいでしょう。

ソフトバンク直営店一覧(2019年11月現在)

宮城県 ソフトバンク仙台クリスロード
東京都 ソフトバンク銀座
東京都 ソフトバンク表参道
東京都 ソフトバンク渋谷
東京都 ソフトバンク東京駅グランルーフフロント
東京都 ソフトバンク六本木
愛知県 ソフトバンク名古屋
大阪府 ソフトバンクグランフロント大阪

とんじる
あらかじめ「来店予約」で要件を伝えておくことをオススメします

3-5 ソフトバンクショップで持ち込み機種変更手続き

SIMフリーiPhoneに持ち込み機種変更

SIMフリーiPhoneに持ち込み機種変更。しっかり電波掴んでいます。

それでは実際に手続きを行ってきたのでレポートします!

SIMフリーiPhoneへの持ち込み機種変更手続きはソフトバンク渋谷で行いました。

店舗に直接電話して来店予約。ネットでは翌日以降の予約しかできませんが、店舗に電話すれば当日の空きを確認してくれます。

その際、「ソフトバンク契約のAndroidからSIMフリーiPhoneに持ち込み機種変更したい。スマホデビュー割やスマートログイン等の特典が付与されたままSIMの変更可能なことはチャットサポートで確認済み」と伝えたところ、問題なさそう。

SIMの在庫もあるとのことで、当日の夕方の予約を取り、ショップへ訪問しました。

10分ほどで案内され、手続き自体はスムーズに行われました。

やはり事前の確認がしっかりできていると違いますね。

必要書類は本人確認書類(運転免許証等)、持ち込み機種変更するiPhoneだけです。

手数料は3,300円(税込)、翌月の請求に合算されます。

ついでに以前から使っていた白ロム購入したMate10 ProのSIMロック解除もお願いしました。

中古で購入した端末も「ネットワーク利用制限○」であればロック解除可能になりました。

ただしネットではできないため、こうして店舗に行った際に一緒に手続きしてしまいました。

こちらも手数料は3,300円。ただし現金でその場で精算です。

【実験3】まとめ

他社SIMフリー端末の持ち込み機種変更でIMEI制限のないSIMに交換可能

白ロム対応SIMはAndroid用とiPhone用の2種類あり。iPhone用ならスマートログイン継続可能

「スマホデビュー割」等の特典引継ぎは契約時期によって可否がある模様。チャットサポートで要確認

持ち込み機種変更はSIMの在庫を確認して直営店で行うのがおすすめ

\ソフトバンクで最新スマホに機種変更!/

SoftBankオンラインストアで確認

送料無料!24時間受付!

 

4. 交換したiPhone SIMをAndroid端末に差してみる

Softbank mate 10 ProからSIMフリーiPhone 11ProへのSIM差し替え

iPhoneへの持ち込み機種変更が完了しました。

しかし本来の目的は「IMEI制限のかかっていないSIMを、各種特典付きのまま手に入れる」ことなので、このSIMがAndroid端末で使えるかを確認する必要があります。

これがクリアできれば完璧です。

APN設定は公式にはアナウンスされていませんが、ネット上で検索入手できる下記の設定で試してみます。

  • APN名: jpspir
  • ユーザー名: sirobit
  • パスワード: amstkoi
  • 認証タイプ: PAP
SoftBank iPhone SIMをAndroid端末に差してみる

SoftBank iPhone SIMをAndroid端末に差して起動。4Gしっかり掴んでいます。

SoftBankのSIMフリーiPhone用「nano USIMカードA(C2)」を、SIMロック解除したAndroid端末に差して起動したところです。

SoftBankの4G LTEを掴んでいるのがおわかりでしょうか。

この画面では確認できていませんが、「スマートログイン」およびYahoo!プレミアム会員特典、Yahoo!ポイント10倍、CYBER SUNDAYといったソフトバンクユーザー特典もそのまま継続できています。

これで各種割引を適用したまま、他社SIMフリー端末でも使えるSIMが手に入りました。

おそらくこれが、「ソフトバンクのAndroid SIMは他社端末で使えない?」という疑問に対する完全回答ではないかと自負します。

【実験4】まとめ

SB公式に案内はないがiPhoneのSIMはAndroidで使用可能

スマートログインほかユーザー特典も維持

他社製SIMフリー端末(iPhone/Android)でも利用可能

とんじる
でも結局もとの状態に戻っただけな気が…

 

まとめ

それでは今回の話をまとめます。

  • ソフトバンクのAndroid SIMは他社SIMフリー端末では「通信」が行えない
  • 中古購入したソフトバンクスマホにSIMを差し替えて使うことができる(オススメ)
  • 「持ち込み機種変更」でIMEI制限を解除したSIMに交換できる場合もある
  • iPhoneに持ち込み機種変更すればAndroidでも使え、各種特典も継続可能

過去の「スマホデビュー割」や、現行の「スマホデビュープラン」といった割引施策の中には、2年契約以降も機種変更さえしなければずっと割引が続くものがあります。

ただしこういったプランは対象機種が限定されていることが多く、お使いの端末に不満があるという方も多いかもしれません。

そういった「お宝回線」をお持ちの方は、あえて機種変更や新プランへの移行をせずに、このような形で中古端末を上手く使い続けるという手段もあります。

3番目、4番目に試した「持ち込み機種変更」はかなりマニアックな手段ですが「こういった方法もある」ということでご参考になれば幸いです。

 

\「けっこう安い。」でおなじみの中古スマホショップ!/

イオシスでSoftBankスマホを探す

amazonアカウントでお支払い可能!

\ソフトバンクで最新スマホに機種変更!/

SoftBankオンラインストアで確認

送料無料!24時間受付!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Android, softbank, スマホ

Copyright© merumae〈めるまえ通信〉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.