改悪?楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VII」って?解約・乗り換え先のおすすめは?

改悪?楽天モバイル新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は解約すべき?

楽天モバイルが新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表しました。

これまで大好評だった「0円からのワンプラン」が終了し、7月1日から月額1,078円(税込)スタートの段階制プランに変更となります。

「改悪?」とも噂されるこのプラン、一体どんなものなのでしょうか?

この記事では、楽天モバイル新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の詳細とSNSの口コミを入念に調査。さらに楽天モバイルから乗り換える場合のおすすめプラン8選をご紹介します。

  • 楽天モバイルの新プランってどうなの?
  • 0円じゃなくなるって本当?
  • すぐに解約したほうがいいの?
  • おすすめの乗り換え先が知りたい
ふぁいりん

こんな方は、ぜひお読みくださいね

目次

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」とは?

楽天モバイルは2022年5月13日、7月よりはじまる新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII(楽天アンリミットセブン)」を発表しました。

月額1,078円から3,278円の変動料金制で、従来好評だった「1GBまで0円」が撤廃されます。

新プランスタートは7月1日から。既存の楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」契約者にも自動適用されます。

旧プラン新プラン
〜1GB0円1,078円
〜3GB1,078円
〜20GB2,178円
無制限3,278円

新旧料金を比較した表がこちら。3GB以上の料金は変わらず、月額3,278円で無制限で使えるというのは変わりません。一方、1GBまで0円だった部分が廃止され、3GBまでの価格に対する変更もなし。料金プランについては単純に「改悪」となってしまっています。

Rakuten UN-LIMIT VIIの特典

基本プランは改悪されてしまいましたが、いくつかのキャンペーンや特典が用意されています。

キャンペーン・特典
  • 1GB まで実質最大4ヶ月無料
  • 楽天ポイント+2倍
  • 15分通話(月額1,100円)が3ヶ月無料
  • YouTube Premiumほか最大3ヶ月無料
  • はじめてのお申し込みで3,000ポイント還元

1GB まで実質最大4ヶ月無料

実質最大4ヶ月間、1GBまでは実質0円でご利用可能。1ヶ月の利用量が1GB未満の場合、7月と8月は請求自体が0円となり、9月と10月は後日ポイントで還元されます。

現在ご契約中の方の場合、8月までは完全無料。9月と10月は後日ポイント還元になります。

わいりん

10月までに決断しろってことね

楽天ポイント+2倍

楽天市場でのお買い物でポイントが貯まるSPU(Super Point Up Program)のポイント還元率が、+2倍にアップします。従来が+1倍だったので、「楽天経済圏」にいる方にとっては嬉しいポイントですね。

15分通話(月額1,100円)が3ヶ月無料

標準電話アプリでの通話が15分間かけ放題となる通話オプション(月額1,100円)が、3ヶ月間無料となります。15分あれば大抵の通話は事足りるのではないでしょうか。

YouTube Premiumほか最大3ヶ月無料

YouTube Premiumや、楽天関連サービスが実質最大3ヶ月無料。無料期間後も割引で利用できるサービスもあります。

はじめてのお申し込みで3,000ポイント還元

楽天ポイントは、楽天グループで使えるのはもちろん、スマホ購入や毎月のお支払いにも使えます。

キャリアメールも提供予定

以前から「準備中」とアナウンスのあったキャリアメール「楽天メール」が、ついに7月1日から提供されます。

「@rakumail.jp」のメールアドレスが利用可能で、メールアドレス持ち運びサービスも8月をめどに提供開始されます。

「Rakuten-Link」の機能強化

無料通話アプリとして好評(不具合はあるものの)の「Rakuten-Link」がコミュニケーションアプリとして機能強化されます。

タイマーをかけて閲覧後もしくは24時間後にメッセージを削除できる「メッセージ削除機能」は6月、音声通話にビデオ通話、楽天メールの利用に加えてチャット、グループチャットなども利用可能な「デスクトップ版」も、年内をめどに提供開始予定です。

「Rakuten UN-LIMIT VII」SNSの反応は?

突如発表になったこの新プラン。SNSでの反応はどうでしょうか?

発表当日、すでに解約を済ませてしまった人もいますね。

単純な値上げでなく、新しい料金提案が欲しかったというご意見。これは全く同意ですね。

こちらは当サイト管理人のツイート。将来お金を落としてくれるかもしれないスマホデビューユーザーに対しては、何らかの救済があってもいいと想うのですけどね。

そしてライバルである他社のツイートがこちら。

ふぁいりん

こ、これは…

わいりん

ahamoよ、キミは違うだろ。。。

ちょっとなんか、浮かれすぎな気がしますね。。。

楽天モバイル、本当に解約すべき?

さて、「改悪」と言われてもしかたのないかもしれない今回の料金改定ですが、これを機に解約すべきなのでしょうか?

1GB未満で0円運用だった方

月の利用量が1GB未満の「0円運用」派の方は、残念ですがMNPで他社に乗り換えを検討した方が良さそうです。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は1GBでも1,078円。今の基準では決してコスパが良いとは言えません。

乗り換え先候補としては、0円維持ができるpovoや、1GB290円の日本通信SIMあたりがいいでしょう。

3GBまでの場合

月の利用量が3GB以下という方の乗り換え先候補としては、5分通話無料(1年間)でLINEカウントフリー、3GB:990円の

LINEMO、同じ990円で4GB(キャンペーンで1年間5GB)使えるIIJmioあたりを検討してはいかがでしょうか。

ただし楽天モバイルの1,078円も決して高いわけではありません。このまま使い続けるのもアリです。

20GBまでの方

月の利用量が20GB以下の方の乗り換え先候補としては、リペアSIMが月額1,980円で最安。しかしほぼ価格的に変わらないのと、3GB以下の月は自動で価格の下がる楽天モバイルの方が、結果としてはコスパが高いと言えます。

無理に乗り換えを検討する必要はないでしょう。

20GB以上の方

月20GB以上お使いになる方にとって、楽天モバイル以上のコスパプランはありません。こちらも無理に乗り換える必要はないでしょう。

楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先8選

今回のプラン改定がきっかけで楽天モバイルを解約する場合、乗り換え先はどこがいいのでしょうか?

先にご案内したデータ量だけでなく、回線品質やサポート面など、スマホの乗り換えにはさまざまな条件が加わります。

そこで、重視する条件ごとに、いくつかおすすめの乗り換え先をご紹介します。

  • 3GBまでのおすすめプランは?
  • 家族で乗り換えるなら?
  • やっぱり回線品質は重要!
  • 0円運用・とにかく安く!

3GBまでのおすすめプランは?

「Rakuten UN-LIMIT VII」は3GBまで月1,078円。実はこの価格帯は激戦区。いろいろと選択肢がありますよ。

LINEMO

  • 3GB:990円/20GB:2,728円
  • ソフトバンク純正回線で速い!
  • LINEギガカウントフリー
コスパ
回線品質
サポート☆☆
通話
アピール点SB品質で月990円
料金プラン3GB/990円
20GB/2,728円
通話料5分以内無料(1年間)
利用回線ソフトバンク回線
店頭サポート×
端末購入×
テザリング
海外ローミング○(通信料別途)
eSIM対応

MVNOとして有名だったLINEモバイル(現在は新規受付終了)をソフトバンクが統合した新会社によるサービスが「LINEMO」。ahamoやpovoと同じ大手キャリア直系のオンライン専用プランです。

ahamoへのライバル心むき出しのプラン構成で、注目は「ミニプラン」。ahamoにない3GB/990円というMVNO並みの低価格で業界を驚かせました。

ソフトバンク純正回線、LINEカウントフリー、1年間限定ですが5分以内の国内通話が無料と、月額1,000円以下ではベストチョイスと言っていい充実した内容のプランです。

\LINE使い放題!スタンプ無料!/

SB純正回線/5分通話+3GBで月額990円

IIJmio

  • 2GB:850円〜
  • 国内MVNOの老舗
  • eSIMにも対応、技術力に定評
コスパ
回線品質★★
サポート
通話
 アピール点eSIM対応
料金プラン2GB/850円
4GB/990円
8GB/1,500円
15GB/1,800円
20GB/2,000円
通話料11円/30秒
利用回線ドコモ、au回線(MVNO)
店頭サポート×
端末購入
テザリング
海外ローミング○(通信料別途)
eSIM対応

IIJmioという名前はあまり聞いたことがないかもしれません。

しかしイオンモバイルやBIG SIMにSIMを提供していると言えば、その信頼度はご理解いただけるのではないでしょうか。

国内でいち早くeSIMに対応するなど技術力にも定評があり、OCNモバイルONEとともにスマホが安く買える格安SIMとしても有名です。

\1年間1GB増量!/

eSIM対応/データ専用2GB440円〜

家族で乗り換えるなら?

家族で乗り換えるなら店頭サポートがある、家族割やシェアプランといった特典があるサービスが嬉しいですよね。

ワイモバイル

  • 3GB:2,178円〜
  • 家族割で2回線目以降990円〜
  • ソフトバンク・ワイモバイルショップでサポート
コスパ
回線品質
サポート
通話
アピール点ご家族一緒なら一択
料金プラン3GB/2,178円
15GB/3,278円
25GB/4,158円
通話料22円/30秒
利用回線ソフトバンク回線
店頭サポート
端末購入
テザリング
海外ローミング○(通信料別途)
eSIM対応

テレビCMですっかりおなじみのワイモバイルはソフトバンクのサブブランド。

3GB/2,178円の価格は格安 SIMとしてはかなり高い部類ですが、2回線目以降は月額1,188円割引で、月990円からご利用になれます。

そう。ワイモバイル は家族で入るのが断然おトク。60歳以上通話無料など、家族向けの割引き・サービスが充実した格安SIMです。

5月中なら「ワイモバ親子割」が使えてさらにおトク!

\2回線目以降月額990円〜!/

60歳以上通話無料!シニアにもやさしい

イオンモバイル

  • 0.5GB:803円〜 1GB単位で選べるプラン
  • 家族で分け合えるシェアプラン
  • 全国のイオン店舗でサポート
コスパ
回線品質
サポート
通話
アピール点全国のイオンで申込
料金プラン0.5GB/803円
1GB/858円〜
1GB単位で10GB/1,648円まで
通話料11円/30秒
利用回線ドコモ/au回線(MVNO)
店頭サポート
端末購入
テザリング
海外ローミング×
eSIM対応×

イオンモバイルは全国のイオン店舗でサポートの受けられる格安SIM。

0.5GBから1GB、2GBと、10GBまで1GB単位で選べるきめ細かなプラン構成が特長です。

余ったギガは翌月くりこし可能。毎月無料でできるプラン変更、家族と分け合えるシェアプランなど、細かく充実した内容が魅力です。

2022年5月17日から、シェアプランも1GBから選べるようになりました。

\家族で分け合えるシェアプランも好評!/

全国のイオン店舗でサポート

やっぱり回線品質は重要!

楽天モバイルを解約したい理由に「回線品質」をあげる方も多いです。そんな方におすすめなのがこの2サービス。

ahamo

  • 5分通話+20GB:2,970円
  • ドコモのオンライン限定プラン
  • ドコモオンラインショップで機種変更可能
コスパ
回線品質
サポート
通話
アピール点ドコモ品質
料金プラン5分以内無料通話+20GB/2,970円
通話料1回5分以内無料
利用回線ドコモ回線
店頭サポート△(有償で可能)
端末購入
(ドコモ機種/ahamo機種)
テザリング○無料
海外ローミング◎(契約データ内無料:15日間)
eSIM対応

ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」。サービス開始から300万回線契約に迫る人気プランです。

有償にはなりますがドコモショップでのサポートもあり、いざという時も安心です。

すべての格安SIMの基準となった新時代のスタンダード。唯一の弱点は小容量プランがないこと。

\ドコモ回線が20GB月額2,970円/

ドコモオンラインショップで機種変更可能

UQモバイル

  • 3GB:1,628円〜の3プラン
  • auのサブブランド
  • 余ったデータは翌月くりこし
コスパ
回線品質
サポート
通話
アピール点くりこし/低速モード
料金プラン3GB/1,628円
15GB/2,728円
25GB/3,828円
通話料22円/30秒
利用回線au回線
店頭サポート
端末購入
テザリング
海外ローミング○(通信料別途)
eSIM対応

auのサブブランド「UQモバイル」。CMでご存知の方も多いでしょう。

UQの特長は「くりこし」。余ったデータを翌月にくりこせます。また、高速/低速モードを切り替えられるのでギガを節約しながら使えるメリットもあります。

料金は格安SIMとしては若干高めですが、「でんき」「ネット回線」の割引が適用されると月額990円からご利用可能です。

\余ったギガは翌月くりこし!/

でんき・ネット割引でさらにおトクに

0円運用・とにかく安く!

今回の価格改定で一番の大打撃を受けている方々には、0円で運用できるもうひとつのプランと、格安SIM最安値のサービスをご紹介します。

povo 2.0

  • 月額0円からのフルトッピング
  • 安心のauキャリア回線
  • 「ギガ活」も楽しい
コスパ
回線品質
サポート☆☆
通話
アピール点個性的プラン
料金プラン基本料0円
データ使い放題(24時間)/330円
1GB(7日間)/390円
3GB(30日間)/990円
150GB(180日間)/12,980円
など多数のトッピング
通話料22円/30秒
利用回線au回線
店頭サポート×
端末購入×
テザリング
海外ローミング×
eSIM対応

povo 2.0はauのオンライン専用プラン。楽天と同じ「0円スタート」のプランですが、0円で使えるのは128kbpsという低速回線。必要に応じてギガをトッピングしていく「プリペイドタイプ」の料金プランです。

イベント参加や懸賞などでギガがもらえる「ギガ活」も面白いしくみ。ポイ活好きの方、こまかくプランを調整して楽しみたい方にピッタリのサービスです。

\0円からのフルトッピング/

au回線で速い!サブ回線にも最適!

日本通信SIM

日本通信SIM
  • 1GB:290円〜の激安価格
  • 使った分だけの従量課金性プラン
  • 上限設定で使いすぎナシ
コスパ
回線品質☆☆
サポート☆☆
通話
アピール点業界最安値
料金プラン基本料金:290円(1GB)
1GBごとに220円
(上限設定可能)
通話料11円/30秒
利用回線ドコモ回線
店頭サポート×
端末購入×
テザリング
海外ローミング
eSIM対応

日本通信SIMは1996年の創業以来、日本のMVNOを牽引してきた老舗「日本通信株式会社」が運営するサービス。月額290円からの激安プランが大きな魅力です。

1GBを超えると220円/GBで料金が加算されていく従量制の料金プランで、毎月使った分だけお支払いのシンプル設計。上限設定もできるので使いすぎの心配もありません。30秒11円の通話料金も魅力です。

\1GB:290円からの従量制プラン/

使った分だけお支払いで無駄なし

まとめ

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」について、ざっと解説しました。

  • 「1GBまで0円」は撤廃
  • それ以外は従来プラン通り
  • 10月まではキャンペーンで実質0円運用も可能
  • 乗り換えるならおすすめは8社

突然の発表でかなり混乱されているかもしれませんが、「0円」がなくなった以外は従来通り。ポイントアップというメリットもありますので、乗り換えるかどうかはゆっくり検討されるのが良いかと思います。

この記事がみなさんの格安 SIM選びの参考になれば幸いです。

改悪?楽天モバイル新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は解約すべき?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる